新城市の整体/腰痛/肩こり/癒しの いとうカイロ療術院   - 心身のトラブル
新城市の整体 いとうカイロ療術院 - 痛くない!不思議な整体!!
 
  
心身のトラブル
 
 ◆自律神経系のトラブル
 
自律神経失調症はいとうカイロ療術院へ

自律神経失調症 いとうカイロ療術院
 

めまい、動悸、手足のしびれなどで、内科、整形外科、耳鼻咽喉科で検査をしても、異常がなく、自律神経失調症と診断されます。

つまり、現代医学の最新の検査でも原因がわからず、病名がつけられないので、当然治療法も存在しないということができます。

 
  
自律神経とは
 
自律神経とは自分の意思とは関係なく、臓器などを動かし働きを調整している神経システムです。

相対するものとしては、運動神経があります。

筋肉は自分の意思で動かすことができますが、心臓や胃腸、肝臓、腎臓の働きは自分の意思とは無関係に働いています。

呼吸という運動は自分の意思でもコントロールできますが、基本的には自律神経の範疇です。

自律神経には、交感神経と副交感神経があり、両者がバランスをとることで生命活動をスムーズに行うことができます。

起きて生活しているときは交感神経優位の状態で、睡眠中は副交感神経優位の状態です。

交感神経は心拍数を増加させ、副交感神経は心拍数を減少させます。

交感神経は血管を収縮させ、副交感神経は血管を拡張させます。

交感神経は胃腸の働きを抑制し、副交感神経は胃腸の働きを促進します。

交感神経は血圧を上昇させ、副交感神経は血圧を下降させます。

交感神経は筋肉を緊張させ、副交感神経は筋肉を弛緩させます。

このように見てみると、交感神経緊張のときに、自律神経失調症の症状があらわれているといえます。

緊張すると交感神経優位に、リラックス時は副交感神経優位の状態といえます。

自律神経失調症の改善には、交感神経優位の状態から、交感神経と副交感神経のバランスのとれた状態にしてあげることが必要になります。

ただ、西洋医学では症状を感じさせなくする薬物投与はできても、交感神経と副交感神経のバランスをとる薬はありません。
 
  
自律神経失調症の
原因と一般的にいわれているもの
 
自律神経失調症・新城の整体いとうカイロ療術院では自律神経バランス療法で解消。 自律神経失調症の一番の原因はストレスと考えています。

もちろんストレスの全くない社会などというものは存在しませんが、現代社会はストレス社会と言われています。

でも、同じ環境をストレスと感じる人もいれば、ストレスと感じない人もいます。

つまりストレスは、本人のネガティブな感情が生み出すものとも言えます。

心の状態をポジティブに変えることにより、ストレスの軽減や自律神経失調症の改善は可能です。

不規則な生活昼夜逆転の生活などの不規則な生活習慣は、交感神経と副交感神経のバランスを乱します。

体質的なもの生まれながらに、ストレスに弱い体質の方もおられます。

下痢しやすい、のぼせやすい、あがりやすい、など性格的なもの人づきあいが苦手、はっきりと断れない、物事を後ろ向きに考える、などの性格はストレスをため込みやすくなります。

しかしこれは本当の原因ではありません。

 
  新城市の整体いとうカイロ療術院
自律神経のトラブル改善
 
 
自律神経のトラブルは坐骨のプログラム自律神経失調症の原因は母胎から生まれてくる過程にあると考えています。

この時に受けた肉体的ストレスが原因となります。ですから、ほとんどの方々が「交感神経過緊張状態」と考えています。

つまり、大多数の方々が「自律神経失調症」といっても過言ではありません。

母胎から生まれる出る時から今までずっとこの交感神経緊張状態のままなのです。

ずっとアンバランスのまま、生活を送ってきたことになります。

世の中ではサプリメントや運動、食事、アロマや温浴など様々な自律神経をリラックスさせる方法が唱えられていますが、

「気持ちよかった」のみにとどまり、その甲斐なく自律神経バランスはアンバランスなままが現状です。

四六時中緊張状態なのですから、質の良い睡眠はとれずストレスが蓄積し様々な症状へとつながっていきます。

当院では、自律神経系のアンバランスな状態になった原因を読み取り、その情報に基づいて調整を行います。

脊柱のパワー不足や坐骨のトラブルを抱えていますと、自律神経系統のトラブルにつながります。
それらを見極めて必要な修正をしますと、検査前の兆候と検査後の兆候に変化が出ます。

それを定期的に施療(2週に1度~1か月に1度)することで良い状態が継続するようになります。

  心身の不調も波動整体療法





 
  
いとうカイロ療術院では、こんな症状が改善されています
 
パニック障害、自律神経失調症、心身症、不安神経症、めまい、息苦しさ、動悸、更年期障害、頭痛、生理痛、乾燥肌、喘息、アレルギー性鼻炎、花粉症、腰痛、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、肩こり、股関節痛、頸椎ヘルニアなど
 
自律神経失調症で、こんなところから来院されます
 
新城市、設楽町、東栄町、鳳来地区、作手地区、豊根村、豊川市、田原市、豊橋市、蒲郡市、小坂井町、岡崎市、豊田市、安城市、幸田町、刈谷市、知立市、西尾市、碧南市、浜松市、三ヶ日町、湖西市、名古屋市、岐阜県、各務原市、長野県、東京都、京都府からもご来院いただいております。
 
 
人が楽に生きていく方法

ほとんどの人はいつも「受け入れる」方の人生を送っているために、必要以上の問題に巻き込まれています。

「受け入れる」事は相手の人格を否定する事につながり必然性もない他人の問題に巻き込まれ、心を乱し苦しまなければなりません。

「受け止める」方は無条件に相手の人格を認める事と同じになります。

「受け止める」生き方をしていると他人の問題に巻き込まれる事もなく、自由に生きていくことが出来るのです。

「受け止める」ことを守っていくと楽に生活できるようになります。

受け止めるという事は自分自身を大切にする事です。

反対に、受け入れるという事は、相手の人格を否定する事であり、自分自身を粗末にする事であると説明させていただいております。

ほとんどの人が「自己の不利益になるような考え方や行動は排除するか慎み」ます。

自己を守るための「自己防衛本能」です。

その人にとっては「自分の考えが一番正しい」という結論になります。

ですから人に意見して、その人を変えようなんていうのは無理な話なのです。

あなたの心を乱すだけなのです。

例えあなたの思いと異なっていても、それを認めることです。

人を変える一番簡単な方法は、「自分を変えよう」と、思うことです。

そうすれば簡単に変えることが出来ます。

周りの人を「無条件で認めること」

世の中は総て、「自分のレベルで読み、聞き、理解し、表現し、行動する」法則を理解することです。


≫を別の言葉で表現すると、『 高慢』であったり『 自分が正しい』、『 自分が一番』や『 所有欲』または『 独占欲』であったりと様々です。
しかし全てを集約すると『自分の考え方が一番正しい』と思う心が根底にある様です。

この様な思いを自分の中から一掃できれば、楽に自由に生きて行く事ができます。

そうです『何でもアリ!!』で、否定や肯定の作業も必要ありません。

今の世は『自分の考え方が一番正しい』が根底にあり、それから外れたモノは『有り得ない!!』ことで、『許し難いもの(事)!!』として、排除して行くことになります。

それには途方もない労力と、途方もない時間、そして『荒ぶれた感情』で過ごさなければなりません。

まさにストレス過多状態の毎日なのです。
≪我≫はその人の心が『荒んでいく』だけの効果しかありません。

もちろん選択の自由はあなたの中にあります。

『物事を解決する方法』に付いて

まず一番簡単に解決する方法として

『他人のせいにする事』です。

こんなに簡単な解決方法は、他にはありません。

ダッテ『アイツノセイダ!!!』と思えば、万事終了となります。

でもこの解決方法には弱点があります。

この手法を使うと、全く成長が望めないのです。

チョッと不愉快に成るかも知れませんが、

これとは反対の方法もあります。

それは『私が悪かった!』と、自分自身のせいにして、

問題を解決する方法です。

こちらの方法で解決すると、

その人はそこから学ぶ事ができます。

学習と共に成長する事ができるのです。

前者は同じ失敗を繰り返し、成長は望めません。

後者は学びによって、同じ失敗を繰る返す事はありません。

さあアナタなら、どちらの解決方法を選択しますか。

どちらを選んでもアナタの自由です。

どれを選んでも誰も文句は言わないでしょう。

その全てがあなたの人生ですから・・・・・・。

              本多和彦氏≪波動日記≫より抜粋


いとうカイロ療術院 人生