今日の施術室
いとうカイロ療術院 - ★★★痛み・こり・シビレ消痛療法★★★
RSS フォローする ファンになる

最新記事

見放された大腿部痛が完治
仙腸関節のつまり感
ひざ裏のツッパリ
両肩関節痛で挙上困難!
すべり症の手術回避

カテゴリー

Newバイブレーション
O脚調整
PU療法
ST療法
WB療法
WRIST GRIPコード
Y・FREEDOMコード(療法)
Y-PFCコード(療法)
アキレス腱痛
アレルギー
アンチ・エイジング
ウエスト引き締め
うつ症状
お知らせ
ギックリ腰
グルメ
シビレ
スーパースティック療法
スポーツでの故障
スポーツ後のケア
トラウマ・PTSD
トリガーポイント
バイブレーションCHAR
バイブレーションコード
ひざの痛み
ひざ関節痛
ひじ痛
ふくらはぎの痛み
プログラム調整
ペットヒーリング
むくみ
むちうち
めまい ふらつき
メンタルヘルス
ゆらぎ改善療法
上半身の症状
下半身の症状
不安感
不定愁訴
不眠
中心軸合わせ
乗り物酔い
五十肩
便秘
全身疲労
全身骨格調整
内臓下垂調整
口の中のトラブル
口腔関連
咽喉の痛み
喜びの声
嚥下障害
回復力
坐骨・脊柱のパワー不足
坐骨の耐用プログラム
坐骨神経痛
大腿部痛
太長寿
姿勢
息苦しさ、胸の不快感
成長痛
手関節の痛み
押圧療法
指関節痛
整体
整体メンテナンス
整体職人≪匠の技≫
日常
日頃のケア
椎間板ヘルニア
歯肉炎・歯痛
波動エネルギー
波動グッズ
波動整体カウンセリング
波動整体療法
波動調整
浮き・沈み
産前産後の腰痛
異常感覚
痛み改善・原因除去整体
目の疲れ
知覚過敏
硬膜・筋膜・骨膜・腹膜調
社会不安障害
筋肉が攣る
絶対重心療法
美容系波動グッズ
耳の聞こえが悪い
肋骨、脇の痛み
肌のトラブル
股関節痛
肩こり
肩の痛み
肩甲骨周囲の症状
肩関節痛
胃痛
背中の痛み
脇腹痛
脈管系トラブル
脊柱管狭窄症
脚が上がらない
脚のツッパリ
脚の痛み
脛の痛み
脳・神経エネルギー系
腕が上がらない
腕の痛み
腰痛
腱鞘炎
腹痛
膨満感
臀部痛
自律神経バランス療法
自律神経系
臭い(嗅覚)
講習会
足の甲の痛み
足の痛み
足底痛
足首の捻挫の痛み
踝の痛み
軸調整
遠隔療法
重力バランス
重心の浮き沈み現象
関節のこわばり
関節リウマチの痛み
関節痛
霊媒体質
頭が重い
頭痛
額関節痛
顔面・小顔・顎関節調整
顔面調整
食欲不振
首こり
首の痛み
骨折後の痛み
骨盤調整

アーカイブ

1月 2019
12月 2018
11月 2018
10月 2018
9月 2018
8月 2018
7月 2018
6月 2018
5月 2018
4月 2018
3月 2018
2月 2018
1月 2018
12月 2017
11月 2017
10月 2017
9月 2017
8月 2017
7月 2017
6月 2017
5月 2017
4月 2017
3月 2017
2月 2017
1月 2017
12月 2016
11月 2016
10月 2016
9月 2016
8月 2016
7月 2016
6月 2016
5月 2016
4月 2016
3月 2016
2月 2016
1月 2016
12月 2015
11月 2015
10月 2015
9月 2015
8月 2015
7月 2015
6月 2015
5月 2015
4月 2015
3月 2015
2月 2015
1月 2015
12月 2014
11月 2014
10月 2014
9月 2014
8月 2014
7月 2014
6月 2014
5月 2014
4月 2014
3月 2014
2月 2014
1月 2014
12月 2013
11月 2013
10月 2013
9月 2013
8月 2013
7月 2013
6月 2013
5月 2013
4月 2013
3月 2013
2月 2013
1月 2013
12月 2012
11月 2012
10月 2012
9月 2012
8月 2012
7月 2012
6月 2012
5月 2012
4月 2012
3月 2012
2月 2012
1月 2012
12月 2011
11月 2011
10月 2011
9月 2011
8月 2011
7月 2011
6月 2011
5月 2011
4月 2011
3月 2011
2月 2011

検索エンジンの供給元:

今日の施術室

ひざの痛み

ひざ裏のツッパリ

正月で1週間お休みがあり、

身体が仕事になれず、

立っていると左ひざの裏にツッパリを感じるという女性。


同様に首肩こりも訴えています。

検査をしてみますと、

心臓系の軸にトラブルがあり、

左の肩とひざ裏に出ている様子でした。


修正施術と

スーパースティック療法での施術後は

首肩こりも楽になり、

「ひざ裏のツッパリは消えました!」

とのことでした。


體は異常を様々なサインで知らせます。

いつもと違うと感じたときは

我慢しないでご相談ください。

膝屈曲で外側に痛み

最近、ウォーキングを始めた女性。

急に運動を始めたせいか、

ひざの外側に痛みが出るようになったそうです。

病院では、「骨に異常なし」使いすぎでは、といわれたとか。

ただ、ひざの痛みは相変わらず続いていたので、

当院にお越しくださいました。

スクワットのようにひざを曲げていくと、

途中から痛みで曲がりにくそうでした。

スーパースティック療法で

膝周辺の筋肉等を

充分緩めて施術した後、同様のスクワットをしていただきますと、

「アッ!痛く無く曲げることができる!!」

とのリアクション。

「運動は続けていいものか?」とのことですが、無理は禁物。

運動は痛くなる手前でやめ、

継続していくことが大切ですね。

ひざを曲げると痛むという方、

痛みがひどくなる前に早く手当てをしましょう。

放置しても良くなりません。

ひざ痛・正座困難

膝が痛くて定期通院されている女性。

最初は正座が即できない状態でしたが、

先日の施術の確認では

ほぼ普通に正座ができる状態にまで回復されました。

当初は、

大腿部内側、後面、膝窩、ふくらはぎにまで

圧痛点が多数点在していましたが、

今は当初の3分の1以下に。

スーパースティック療法での施術後は、

正座は正常にできます。

膝窩部が伸びるようになり、

歩きやすいそうです。


ひざ痛でお悩みの方、

いろいろ試したが

良くならないという方、

どうぞお気軽にご相談ください。

歩行時に臀部痛

歩いていると、臀部に痛みを感じる女性。
反対側のひざが悪いため、
日頃からかばって歩いていたのがバランスを崩した原因でしょう。
「骨でも悪いといけない」と病院でレントゲン検査をしたそうですが、
「骨は異常なし」といわれたそうです。
「もう歳だからうまく付き合うしかない」といわれたとか・・・
骨に異常がなし、これ以上やりようがないと聞こえます。
それで諦めろということでしょうか・・・
「そう云われただぞん!」
と笑っておられましたが、あきれ顔。

お尻の中央(梨状筋)あたりに強い圧痛がありますので
間違いなく筋痛です。

スーパースティック・ラウンドで「すりすり」刺激、
圧痛点にはシャープで局所刺激。
その後、動かしていただきますと、
「あっ!痛く無い!」
歩いても痛みは再現しませんでした。

反対のひざ周囲も施術して終了。
「徹底的に治す」という意思をお持ちの方で、
しばらく継続して施術したといいます。

こういう方は加速的に改善すると思います。

肩関節が痛みひざに痛み

窓ふきをすると肩関節が痛み、
孫を抱っこしようとしたらひざに痛みを感じたという女性。
慢性的に痛みがありましたが、
いつもよりも痛くなったということで来院。

肩関節の圧痛点は肩甲骨、上腕、背中に多く存在。
ひざ関節も大腿筋に多数点在していました。
スーパースティックで施術。
全身をすりすりしたのち、局所の施術をしました。
すりすり療法で全身調整しますと中心軸がそろいます。
スーパースティック・シャープでトリガーポイントを不活性化。
打つと同時に軽さが出てきます。
施術後の動作確認では、
窓ふきの動きでの肩の痛みはなし。
ひざも歩行や屈曲動作も痛みなし。
「凄く体が軽くなりました!!」
とご感想を頂きました。
急な痛みとは違い、慢性的なの

ひざ痛がすりすり療法で

ご主人の紹介で、お越しくださった奥様。
腰は慢性的に痛みがあり、
最近は、立座りのときにひざ痛が気になるとのことでした。
検査では腎経の軸トラブルがあり、
中心軸合わせをして、
スーパースティック・ラウンドですりすり療法をさせて頂きました。
痛点がはっきりしないために
ひざは特にすりすりして流した程度でしたが、
施術が終わり、奥様が椅子に腰かけていた時に、
「あれ?膝が痛く無い!!痛みが消えちゃった!」
と声をあげておられました。
ご主人と遠くから来た甲斐があったと顔を見合わせていられました。

ひざの痛みで、長い間正座を怖くてしていない

ひざの痛みで、長い間正座を怖くてしていないとのこと。

続けていたバレーボールも怖くてできない、

曲げられなくなったらどうしようと不安な気持ちでお越しの女性。

両膝痛みますが、特に左側が強く、屈曲すると大腿部につっ張りで曲げられません。

スーパースティック療法で、今回で3回目の施術でした。

当初は、正座はできないものと決めつけておられましたが、

今回の施術では、かかとがお尻に付くまでに改善されました。

そして、痛みは感じなくなっていました。

後は自力で運動療法、筋膜ほぐし等方法をお教えし、実践しておられます。

積極的に動かすことが、改善を早めます。

受け身ばかりの方法ではよくなりません。

この方は必ず良くなられるでしょう。

ひざ裏にかなり強い圧痛点

ひざ関節が痛いという女性。
階段を下りる動作で痛みがあるといいます。
シップやサポーターをしてもあまりよくなりません。
痛みはひざの前面に出ていますが、
実はひざ裏にかなり強い圧痛点があります。
さらにハムストリングスにも圧痛点がいくつか。
これらをスーパースティックですりすり&プッシュ施術。
体重をのせても痛みを感じにくくなりました。
痛点がなくなるまでしばらく続けた方がよいでしょう。

手首とひざに痛み

1か月前に転倒して打撲、

現在は手首とひざに痛みが残るという女性。

右手首は包丁を使いにくいそうです。

右ひざは内側の痛み、曲げ伸ばしで感じるそうです。

スーパースティックによる施術で、

前腕から手首にかけて、摩擦タイプでゆるめ、ポイントで痛む部位にプッシュタイプで施療。

ひざに関しても大腿内側の筋肉を緩めトリガーポイントにプッシュタイプで施療。

施術後の動作確認では、

Sさん「痛く無いよ!手首も動かせる」

とのこと。

日常動作をしていただき、様子を見ることにいたしました。

膝が痛くて伸ばせない

立ち仕事で無理をしていた女性、
膝が痛くて伸ばせないとのことでした。
立っていてもひざを曲げていないと伸ばすと痛い。
仰向き出寝てもひざは床とひざ裏が離れています。
施術はスーパースティック療法中心に筋肉の痛点を施術しました。
臀筋、大腿筋、ふくらはぎ、等トリガーポイント、痛点、関連筋はすべて。
1回目の施術から痛みが軽減し、ひざ裏が床に着くまでに回復されました。
今回3回目の施術でしたが、ほぼ歩行に問題はありませんでした。
施術終了時には、
歩行時の痛みもほとんど消え、歩き方も正常になられました。
Tさん「普通に歩けるって幸せなことだと実感しました」と。
どこに痛みがあってもいけません。
この様にひざの痛みなどでお悩みの方、当院でお役に立てると思いますので
どうぞお気軽にご相談ください。

下山途中でひざが痛み出した女性

1ヶ月ほど前に山登りをして、下山途中でひざが痛み出した女性。
週末再度登山があるとのことで、治りきらないひざ痛でお越しくださりました。
しゃがむ、立つときにひざ裏、内側に痛みを感じます。
脳反射スキャンテストで検査してみますと、ひざ関節というよりその周囲の筋、腱、骨膜という部分、
腎臓系のトラブルなど検出。
中心軸の修正後、スーパースティックで痛点の施術。
その場で、しゃがみ、立ち上がりを実施していただくと、
Mさん「いいかも!痛くないです!!」
細部の痛みポイントをチェックしながら、正座、立ち上がりを数回繰り返し痛みが消失したことを確認して終了いたしました。
今度の山も急傾斜だとか、どうぞお気をつけて!

ひざを伸ばせなくなってしまった

慢性的なひざ痛があり、4月に田植えをして以来、ひざを伸ばせなくなってしまった女性。
同時に右肩関節も痛みがあり、後ろでひもを結ぶときに関節が痛いとのことでした。
まずは右ひざを伸ばさない状態を脳反射スキャンで調べますと、
右腎臓系のトラブルがありました。
※スーパースティックで中心軸も修正できます。

関連筋を緩め、圧痛点を施術したところ10分ほどでひざを伸ばしやすい状態に改善。
歩いてもほとんど痛まないといいます。
肩関節も同様に施術いたしますと背中側に動かしやすくなられました。
長い間ひざは正座をしないということで、固まりかけていましたが、もう少し曲げていくことである程度正座も可能だと思われます。

※当院で使用しているアトランティスツールを修正角度を検出したらL5(腰椎5番)に先端を当てると5秒ほどで重力軸修正が可能。(筋肉の左右差が正常に変わる)

ひざ痛は大腿部のトリガー

「ひざが痛くなる」といわれる女性。
ひざを曲げて痛むとか、歩いていたということはほとんどなく、
伸ばしていると、あるいは曲げているといった同じ姿勢で時間が経つと痛みだすという症状。
ひざ周囲には圧痛点はなく、もっと上の筋肉に問題がありました。
長内転筋、短内転筋という内側の部分や、大腿四頭筋、大腿二頭筋などにトリガーポイントがありました。
圧痛点に調整施術をしますと、伸ばし、曲げる姿勢を継続していても
「痛みが出てこないです」
とのことでした。

そこが痛いからと必ず、痛むところに原因があるわけではありません。
実はこの方、ひざが痛くなると自然に太ももの裏に手でゲンコツを作って当てていたそうです。
身体は楽になる方法をしっていますね。

何年も前からのひざ痛

何年も前からのひざ痛で、病院などで治療をしていたが痛み止めを飲む毎日で治らない。
藁をもつかむ気持ちでお越しになられた方。
歩く、曲げる、立つという動作で全て痛みを感じておられました。
よく、ひざの軟骨がすり減り、骨が変形して、などの理由が挙げられますが、
当院はひざに関与する筋肉や腱が引っ張られて硬くなり痛みを感じると考えます。
ひざよりも遠い部位の筋肉から滞りを抜いていくと動きが軽くなられ、
痛みも伴わなくなります。
ある程度繰り返し施術を行う必要がありますが確実に良くなられます。
この方は1回目の施術後から痛み止めがいらなくなりました。
目標は自転車をこぐこと。
必ず達成できると思います。

ひざ裏痛

しゃがみ仕事をしているときに、


ひざ裏に痛みを感じ


立ち上がろうとすると痛みのためバランスを崩してしまうという男性。


右側の腰にも痛みがありました。


この方の情報を読み取り、調整施術をさせていただくと、


腰の痛みもひざ裏の痛みも改善されました。


Fさん「ふしぎだなぁ~!!」


と頭をかしげておられました。


脳反射テストでは


右腎臓系のトラブル、坐骨耐用値の弱化、腰椎、仙腸関節のトラブル等検出されました。


これらの原因が取れると結果が改善したということになります。