今日の施術室
いとうカイロ療術院 - ★★★痛み・こり・シビレ消痛療法★★★
RSS フォローする ファンになる

最新記事

見放された大腿部痛が完治
仙腸関節のつまり感
ひざ裏のツッパリ
両肩関節痛で挙上困難!
すべり症の手術回避

カテゴリー

Newバイブレーション
O脚調整
PU療法
ST療法
WB療法
WRIST GRIPコード
Y・FREEDOMコード(療法)
Y-PFCコード(療法)
アキレス腱痛
アレルギー
アンチ・エイジング
ウエスト引き締め
うつ症状
お知らせ
ギックリ腰
グルメ
シビレ
スーパースティック療法
スポーツでの故障
スポーツ後のケア
トラウマ・PTSD
トリガーポイント
バイブレーションCHAR
バイブレーションコード
ひざの痛み
ひざ関節痛
ひじ痛
ふくらはぎの痛み
プログラム調整
ペットヒーリング
むくみ
むちうち
めまい ふらつき
メンタルヘルス
ゆらぎ改善療法
上半身の症状
下半身の症状
不安感
不定愁訴
不眠
中心軸合わせ
乗り物酔い
五十肩
便秘
全身疲労
全身骨格調整
内臓下垂調整
口の中のトラブル
口腔関連
咽喉の痛み
喜びの声
嚥下障害
回復力
坐骨・脊柱のパワー不足
坐骨の耐用プログラム
坐骨神経痛
大腿部痛
太長寿
姿勢
息苦しさ、胸の不快感
成長痛
手関節の痛み
押圧療法
指関節痛
整体
整体メンテナンス
整体職人≪匠の技≫
日常
日頃のケア
椎間板ヘルニア
歯肉炎・歯痛
波動エネルギー
波動グッズ
波動整体カウンセリング
波動整体療法
波動調整
浮き・沈み
産前産後の腰痛
異常感覚
痛み改善・原因除去整体
目の疲れ
知覚過敏
硬膜・筋膜・骨膜・腹膜調
社会不安障害
筋肉が攣る
絶対重心療法
美容系波動グッズ
耳の聞こえが悪い
肋骨、脇の痛み
肌のトラブル
股関節痛
肩こり
肩の痛み
肩甲骨周囲の症状
肩関節痛
胃痛
背中の痛み
脇腹痛
脈管系トラブル
脊柱管狭窄症
脚が上がらない
脚のツッパリ
脚の痛み
脛の痛み
脳・神経エネルギー系
腕が上がらない
腕の痛み
腰痛
腱鞘炎
腹痛
膨満感
臀部痛
自律神経バランス療法
自律神経系
臭い(嗅覚)
講習会
足の甲の痛み
足の痛み
足底痛
足首の捻挫の痛み
踝の痛み
軸調整
遠隔療法
重力バランス
重心の浮き沈み現象
関節のこわばり
関節リウマチの痛み
関節痛
霊媒体質
頭が重い
頭痛
額関節痛
顔面・小顔・顎関節調整
顔面調整
食欲不振
首こり
首の痛み
骨折後の痛み
骨盤調整

アーカイブ

1月 2019
12月 2018
11月 2018
10月 2018
9月 2018
8月 2018
7月 2018
6月 2018
5月 2018
4月 2018
3月 2018
2月 2018
1月 2018
12月 2017
11月 2017
10月 2017
9月 2017
8月 2017
7月 2017
6月 2017
5月 2017
4月 2017
3月 2017
2月 2017
1月 2017
12月 2016
11月 2016
10月 2016
9月 2016
8月 2016
7月 2016
6月 2016
5月 2016
4月 2016
3月 2016
2月 2016
1月 2016
12月 2015
11月 2015
10月 2015
9月 2015
8月 2015
7月 2015
6月 2015
5月 2015
4月 2015
3月 2015
2月 2015
1月 2015
12月 2014
11月 2014
10月 2014
9月 2014
8月 2014
7月 2014
6月 2014
5月 2014
4月 2014
3月 2014
2月 2014
1月 2014
12月 2013
11月 2013
10月 2013
9月 2013
8月 2013
7月 2013
6月 2013
5月 2013
4月 2013
3月 2013
2月 2013
1月 2013
12月 2012
11月 2012
10月 2012
9月 2012
8月 2012
7月 2012
6月 2012
5月 2012
4月 2012
3月 2012
2月 2012
1月 2012
12月 2011
11月 2011
10月 2011
9月 2011
8月 2011
7月 2011
6月 2011
5月 2011
4月 2011
3月 2011
2月 2011

検索エンジンの供給元:

今日の施術室

ギックリ腰

ギックリ尻

朝起き上がるときに

左の腸骨あたりに痛みが走り、

床から立ち上がろうとする際、

強烈な痛みが出るという男性。

腰の位置とは違い、

お尻の際、ギックリ尻とでもいいましょうか。

筋緊張を調べてみますと、

中殿筋、小殿筋の骨際に痛点が点在。

前日もいつもと同じに過ごしたのに

きっかけがわからないといいます。

しかし、急に痛むようでも、実は日頃の蓄積や、

アンバランスが続けば、いつか突然起こります。

こむら返りと同じで、ちょっとした伸びがきっかけになることさえあります。


そろそろとベッドに寝ていただき、

スーパースティック療法による施術をさせて頂きました。

施術後は、ベッドからの起き上がり、

床から立ち上がり、

寝返り等全ての動作で

痛みの再発はありませんでした。

「動かすのがコワかったけど、全然痛みません」

とのこと。

痛みは恐怖や不安感が増幅します。

痛みが出たら早い時点で手当てをしましょう。

腰やお尻の痛みでお悩みの方、

我慢せずにお気軽にお問い合わせください。

急な腰の痛み

お仕事で重いものを持ち上げてギックリ腰を起こした男性。

腰を「く」の字に曲げての来院でした。

やったばかりのレアな状態でした。

スーパースティック療法を腰かけての施術でした。

圧痛点を絞り込み、できるだけ余計な刺激を与えないように短時間が勝負です。

全体的に痛いという痛みは、左側に集中していました。

さらに腸腰筋の左右を緩めますと、

「さっきまでのビビビッという痛みがありません!!」

とのこと、あとは呼吸法で曲げる範囲を広げると、

スッと立てるようになり、

『だいぶいいです!!助かりました』とのことでした。

どうぞお大事に。

痛みの過剰反応・ロック解除

ギックリ腰で2週間近くたつのにいまだ痛むという女性。
しかし筋肉には圧痛はなく、
4つの動作に限り痛むことがわかりました。
一つ目は椅子に腰掛けているとき、

二つ目はしゃがんでいるとき、

三つめは車に乗っているとき、

四つ目は仰向けでひざを立て左に倒したとき、
そこで、痛みに対する恐怖心、痛みに対しての反応意識、

これらの反応を脳反射キャッチで調べていくと反応しました。

そこで一つずつロックを解除する施術を行いますと、

どの動作をしてもまったく痛みが出なくなられました。

痛みの方は個人差はありますが、

この様に脳が過剰反応を示し、痛みを過敏に感じるようです。

反応意識が変わることで、緊張しなくなり、

何かをさげる動作も自然に柔らかくなられました。

ギックリ腰


-3度の外で洗濯物を干し、

籠をさげようとしてギックリ腰になってしまった女性。

腰掛の立ち上がりや腰を伸ばす動作、

歩くときにも痛むといいます。
まずは緊張のある筋肉を緩め、

可動性が広がったところでお腹側の緊張をとりました。

さらには臀部を緩めると、寝て起き上がる、

立ちしゃがみ、歩く動作ともにほぼ痛みのない状態に戻られました。

「これでどうにか動か動けるようになりました!」

とのことでひとまずは終了です。

ナースの腰痛

おむつ交換をしようとして腰を痛めてしまった看護師さん。

中腰と過負荷による筋肉の収縮と考えられる。

腰が伸ばしにくく痛むという。

腰方形筋、多裂筋などが緊張が強く、腸腰筋には強い圧痛があり。

数分の筋弛緩術で圧痛が消失。

動きもほぼ痛むことなくできるようになられた。

ギックリ腰前兆痛


慢性的な腰に不安を持つ30代女性。
腰痛歴が長いので、日頃から腰に注意をしながら生活しているとか。
以前は、鍼治療をしていたが、すぐに腰痛がぶり返してしまう。
治療法を変えてみようとお越しになられた。
この方の筋肉の緊張具合をみるとかなり硬く、背中まで圧痛がある。
いつも腰に注意を払うあまり、余計緊張を高めている様子。
今回は、キッチンで料理をしている際、ギックリ腰の前兆があったという。
「これ以上続くとやる」
という感覚だそうで、この方の腰痛歴史を感じさせられる。
施術は腸腰筋、腰方形筋、脊柱起立筋群などに広がるトリガーポイントのある筋肉をやわらげる。
施術中にすでに腰の柔らかさを実感して、動作がしやすいとおっしゃる。
数分後、「もう全然軽くって、どんな動きも楽です!」
ということだった。
一度でもギックリ腰を味わった方は、腰痛への恐怖、不安が大きくなる。
腰に意識を集中しがちで、過剰にかばいすぎる傾向にあります。
いずれにしてもまずは正しい認識を持ち、筋肉の特性を知ることである。
そして根拠に基づいた安全性の高い施術を受けること。
日本人は特に気合で治す感じがあるが、強く押したり揉んだりしたら
筋肉繊維が破壊され悪化するだけである。
痛い時のストレッチも厳禁。
優しく、撫ぜるか触れるくらいの刺激で十分だ。

前屈ができない腰痛

腰痛が3日前から強くなり、体が曲がらないという方。
お見えになったときは、ほぼ前屈できない状態。
「重いものをさげてから痛くなった」
とのこと。
しかしこの方の腰の具合からすると筋肉が傷ついているようではないようだったので、
「ここ最近強いストレスを感じたとか、怒りや悲しみはなかったですか?」
とお聞きすると、
「この間すごく怒った」とのこと。
先にこれらの情報と腰周囲のダメージを抜き
「これでまがりますよ」というと、
「あれあれ?~いつもと同じくらいになった」
と前屈の幅が増加。
な姿勢もほぼ元通りになり、立ちしゃがみ、腰掛からの動作などもスムーズになる。
様子を見ていただくことになる。

ギックリ腰で腰が伸ばせない

ギックリ腰、会議で長時間座り続けた後立てない状態だという。

腰を伸ばせない、伸ばそうとすると鋭い痛みが出るため動作の恐怖が高まった様子。

伸ばせない腰痛は大腰筋、腸腰筋が深くかかわっているので主要筋肉の調整をする。

腰には指一本触れないでも腰を伸ばせるようになり、

あとはお教えしたストレッチもすぐにできるようになられた。

急性の痛みは治りも比較的早い。

問題は、痛みが強いために動作を恐れるあまり腰を積極的に動かさなくすることだ。

大事にし過ぎて、いつまでも痛みが取れず、慢性化させてしまうケースも多い。

痛みが出たら早く痛みをとる行動をする。

正しい判断のできる専門家を作っておくのも良かろう。

いずれにしろ、骨盤の歪みだ、背骨のズレだというようなところはやめておいた方がいい。

ギックリ腰


ギックリ腰の方。

正月は朝から飲み続けて座りっぱなしの姿勢が続いたという。

布団をあげようとして立てなくなった。

脳に存在する動作への恐怖心、不安感を動作をしながら減少させた。

数分でどんな動作をしても不安なく動かせるようになる。

「魔法の様だ」と驚いておられたが、

本人の意識(脳)が変われば身体の表現も変わる。

それよりも腰の原因をチェックした際、別の問題の方が先に出てきたため、

それを見ていくと肩の痛みとして現れている。

腰よりうんと前からの症状だ。

その方が問題。と軸合わせをして肩も痛みなく動かせるようになる。

こちらは時間がかかるので自己調整法もお教えした。

改めて身体(脳)は優先してサインを出すということがわかった。

ギックリ腰

ちょっとした動作で腰痛が強くなった方。

普段から張り感や重さがあったそうです。

当院がちょうど出張施療日で当日施術が受けられなかったため

電気治療で様子を見たが、あまり変わらないということでした。

立位で腰を緊張させ、背中もガチガチに凝った状態でした。

この方の情報を読み取りますと、

心臓血管系の脈管機能のトラブルによるバランス軸のズレ。

修正後は腰や背中の緊張が治まりました。

日頃からのコリや疲労が抜けないため

筋膜調整を行い筋肉に持続圧を加えますと、

寝返りがスムーズになり、寝起きの動作も楽にできるように!

日頃のストレスや痛みの不安感、恐怖心も痛みにとっては増長させる材料です。

「今日はライブに行ってきます。そこでストレスを発散します!」

とのこと。

積極的に楽しみましょう。

正月疲れのギックリ腰

正月で子供たちが帰省し、忙しく働いた方。

皆が帰りホッとしたときにギックリ腰になりました。

立位からの前屈で痛む、寝返りで痛むといった中程度の痛みでした。

不調を起こしている筋肉の調整をピンポイントで押しながら寝返り、

前屈をしていただきますと、

見る見るうちに動きが戻ってきました。

寝返りをしても

「ほとんど痛く無い!」

「前屈は全く痛く無い」

といった具合に改善されました。

ギックリ腰

今朝、腰が痛くなり次第に痛くて曲がらなくなり、横に曲がった状態でお越しの方。

この方の情報をキャッチしますと

心臓系の脈管機能にトラブルがありバランスをずらしていました。

心臓にタッチして動かしていただくと、

「あれ?動かせる?不思議だ」

とビックリされていました。

身体を左20度後方に傾けると腰の痛みがよくなるということでしたので

軸を調整して過緊張の筋を緩めるために腰掛けて前屈させました。

5回の前屈で床に手が届くまで前屈出来、

痛みもこの時点でありませんでした。

腰も伸び、いろいろな動作をしても大丈夫でしたので様子を見ていただくことになりました。

人生初のギックリ腰

人生初のギックリ腰という方。

腰痛は時々あったが、これほどの痛みは初めて。

来院時も、ご家族に付き添われ「イタタタ」といいながら来院。

施術開始。

椅子に腰かけ両手が床につくまでに5分ほどで動きがほぼ改善。

その他、左右倒し、捻り、後屈すべてできるようになりました。

あとは動き始めのときの戸惑い。

うごかすことの痛みの恐怖心、不安感を解放することでほぼ改善。

付き添われてきたお母さん、お姉さんが「どう?」と聞かれると、

「不思議~!!」とご本人。

するとお二人とも同時に「そうだらぁ!!」

当院で経験済みでした。

慢性化していない分改善もとても早いですね。

ギックリ腰

今朝がた、洗顔をしていて「ギックリ腰」になってしまった方。

腰仙部に重く突っ張るような痛みが出るそうです。

全く動けないのではないので

程度は軽傷から中程度の状態でした。

この方の脳の情報通り、軸を修正しますと動かす範囲が広がります。

さらに腰かけた状態である一点を支えながら前屈をしていただきました。

両臀部には飛び上るほど痛むトリガー筋がありましたのでその緊張を解放。

立位で左右捻り、側屈をしますと側屈で反応がありましたので、ある一点を支えて側屈を3回で解消いたしました。

その他の動作をしていただくためにベッドでの寝起き、立ち上がりをいたしましたがすべてクリヤーいたいしましたので施術終了となりました。

ギックリ腰


お盆前に帰省する息子さんたちのために、布団を干したり、台所の掃除をしたりしていたらギックリ腰になってしまった方。

結局、お盆じゅう痛くて動けず、息子さんたちも気を利かせてその日に帰ったといいます。

寝起きがつらく、体を起こすのにとても時間がかかり、とにかくそれがつらいそうです。

病院でレントゲンを撮り、痛みどめをもらってリハビリも受けていたそうですが改善しないということで、当院にみえました

この方の情報を読みますと心臓系の脈管トラブルがあり、立位のバランスのズレがありました。

体の左側にサインが出ていました。

腰も左側の方が痛むといいます。

筋肉は時間的に少し経過していて、痛みのため腰をかばいすぎる傾向にありました。

軸を修正後、動作を拡大するための調整を行いました。

結果、寝る動作、寝返り、椅子からのたち座り、起きる、座る、靴の履き、脱ぎの動作はすべてさっさと動かせるようになりました。

おかえりになる際、靴がはけなかったのが平気で足があがるようになった。とのこと。

もう1回の調整で大丈夫だと思います。