今日の施術室
いとうカイロ療術院 - ★★★痛み・こり・シビレ消痛療法★★★
RSS フォローする ファンになる

最新記事

外踝の痛み
巻き爪の痛みから生還
ひじ・腕の痛み
仙腸関節・大腿部違和感
お尻から脛に痛みがある

カテゴリー

Newバイブレーション
O脚調整
PU療法
ST療法
WB療法
WRIST GRIPコード
Y・FREEDOMコード(療法)
Y-PFCコード(療法)
アキレス腱痛
アレルギー
アンチ・エイジング
ウエスト引き締め
うつ症状
お知らせ
ギックリ腰
グルメ
シビレ
スーパースティック療法
スポーツでの故障
スポーツ後のケア
トラウマ・PTSD
トリガーポイント
バイブレーションCHAR
バイブレーションコード
ひざの痛み
ひざ関節痛
ひじ痛
ふくらはぎの痛み
プログラム調整
ペットヒーリング
むくみ
むちうち
めまい ふらつき
メンタルヘルス
ゆらぎ改善療法
上半身の症状
下半身の症状
不安感
不定愁訴
不眠
中心軸合わせ
乗り物酔い
五十肩
便秘
全身疲労
全身骨格調整
内臓下垂調整
口の中のトラブル
口腔関連
咽喉の痛み
喜びの声
嚥下障害
回復力
坐骨・脊柱のパワー不足
坐骨の耐用プログラム
坐骨神経痛
大腿部痛
太長寿
姿勢
怠い
息苦しさ、胸の不快感
成長痛
手関節の痛み
押圧療法
指関節痛
整体
整体メンテナンス
整体職人≪匠の技≫
日常
日頃のケア
椎間板ヘルニア
歯肉炎・歯痛
波動エネルギー
波動グッズ
波動整体カウンセリング
波動整体療法
波動調整
浮き・沈み
産前産後の腰痛
異常感覚
痛み改善・原因除去整体
目の疲れ
知覚過敏
硬膜・筋膜・骨膜・腹膜調
社会不安障害
筋肉が攣る
絶対重心療法
美容系波動グッズ
耳の聞こえが悪い
肋骨、脇の痛み
肌のトラブル
股関節痛
肩こり
肩の痛み
肩甲骨周囲の症状
肩関節痛
胃痛
背中の痛み
脇腹痛
脈管系トラブル
脊柱管狭窄症
脚が上がらない
脚のツッパリ
脚の痛み
脛の痛み
脳・神経エネルギー系
腕が上がらない
腕の痛み
腰痛
腱鞘炎
腹痛
膨満感
臀部痛
自律神経バランス療法
自律神経系
臭い(嗅覚)
講習会
足の甲の痛み
足の痛み
足底痛
足首の捻挫の痛み
踝の痛み
軸調整
遠隔療法
重力バランス
重心の浮き沈み現象
関節のこわばり
関節リウマチの痛み
関節痛
霊媒体質
頭が重い
頭痛
額関節痛
顔面・小顔・顎関節調整
顔面調整
食欲不振
首こり
首の痛み
骨折後の痛み
骨盤調整

アーカイブ

1月 2019
12月 2018
11月 2018
10月 2018
9月 2018
8月 2018
7月 2018
6月 2018
5月 2018
4月 2018
3月 2018
2月 2018
1月 2018
12月 2017
11月 2017
10月 2017
9月 2017
8月 2017
7月 2017
6月 2017
5月 2017
4月 2017
3月 2017
2月 2017
1月 2017
12月 2016
11月 2016
10月 2016
9月 2016
8月 2016
7月 2016
6月 2016
5月 2016
4月 2016
3月 2016
2月 2016
1月 2016
12月 2015
11月 2015
10月 2015
9月 2015
8月 2015
7月 2015
6月 2015
5月 2015
4月 2015
3月 2015
2月 2015
1月 2015
12月 2014
11月 2014
10月 2014
9月 2014
8月 2014
7月 2014
6月 2014
5月 2014
4月 2014
3月 2014
2月 2014
1月 2014
12月 2013
11月 2013
10月 2013
9月 2013
8月 2013
7月 2013
6月 2013
5月 2013
4月 2013
3月 2013
2月 2013
1月 2013
12月 2012
11月 2012
10月 2012
9月 2012
8月 2012
7月 2012
6月 2012
5月 2012
4月 2012
3月 2012
2月 2012
1月 2012
12月 2011
11月 2011
10月 2011
9月 2011
8月 2011
7月 2011
6月 2011
5月 2011
4月 2011
3月 2011
2月 2011

検索エンジンの供給元:

今日の施術室

股関節痛

初期の股関節痛


股関節が痛むという女性。
痛みを感じるのは、
脚の付け根。
圧痛点は臀部にも多数点在していました。
股関節を内回し、外回しでも
鼠蹊部に痛みを感じ、可動域も大きく動かしにくいといった様子です。
スーパースティック療法による、
「すりすり刺激」で太腿、臀部を施術。
筋緊張をや軟らかくする施術を織り交ぜ、
確認していきますと、
股関節の可動性が大きくなり、
痛みもほぼ改善。
股関節の症状は、
初期の段階で筋緊張を取り除いていけば
苦痛なく生活できます。
日常生活で、股関節に不調を感じたら
早めに手当てすることをお勧めいたします。

臀部痛と股関節痛

片足立ちや
靴下をはこうとする動作で、
体重がのると
股関節に痛みがでるという女性。
外回し、うち回しで
臀部に痛みを感じます。
脚の付け根を押さえて
回しても、痛みは感じません。

スーパースティック療法で
要所要所の筋肉を施術。

その後の外回し、うち回しでの痛みは激減。
片足立ちも簡単にできるようになられました。

こういった症状は、
比較的軽いうちに手当てをされますと、
短期間で改善いたします。

股関節・歩きはじめの痛み

歩きはじめに、鼠蹊部(脚の付け根)に痛みを感じるという女性。

股関節に時々痛みが出て、脚の開き方も悪くなりました。

この様な症状は、定期的な施術を必要としますが、

スーパースティック療法で痛みが即軽減いたします。

今回は脚の付け根には一切刺激をせず、

他の部位からのアプローチで、動かし始めの痛みは解消いたしました。

「足を開いてもさっきのような痛みは出なくなりました!」

とのご感想。

股関節は可動域を保たせ、痛みを早く取り去ることが大切です。

足を開くときに股関節が痛む

しゃがんだり、足を開くときに股関節が痛むと言う女性。

まだひどい状態ではありませんが

放置しておくとどんどん動きが悪くなります。


5月より施術メニューの改正で、

ある器具を使用しての施術をはじめてのですが、

これが大変効果をあげております。

今回はこの方の股関節の痛みはこの施術により数分で改善。


しかも、使い手により効果の現れ方も違うようです。

悪いところもわかってしまう優れもの。

当院の心強いアイテムとなりました。


当院のモットーは

シンプルで簡単で即効性があるもの。

患者さんが早く楽になり癒されなければ、

本物とはいえません。

腰痛、臀部痛、股関節痛、大腿部痛

ご紹介でお越しの女性。


腰痛、臀部痛、股関節痛、大腿部痛が2週間ほど続くそうです。


最初は病院で見てもらい、痛み止めで治ると言われ飲んでいましたが


まったく痛みは変わらず、長く座れないため食事は立って食べたと言います。


知り合いの方が当院で腰がよくなったと聞きこられました。

坐骨の耐用時間が短く、臀部の筋肉がこりこりでした。

仰向きで寝る、寝返りを打つ、布団から起き上がる等も痛むとのことでしたが、

施術を始めてすぐに動作が平気になられ、

数分後には座位もほぼ痛みなくできるようになりました。

数回続ければ改善されるでしょう。

急性股関節痛

急に股関節痛くなってしまった40代女性。
普段も股関節が硬いため気をつけておられたのですが、

なれないヒール靴を履いて動きすぎたとか。

一睡も眠ることが出来ないような激痛、

体動じの痛み、歩行痛、まっすぐに立てない、体重をかけられない・・・両方痛くなってきた!

と言う状態でお越しになられました。

この方の情報を読んでいきますと、

元来の股関節周囲の組織の傷、接合部の異常、体内軸のズレ、

そして今回はぎっくり腰同様の状態。

しいて言うなら、【ギックリ股】でしょうね。

筋攣縮(筋緊張が続く(=筋収縮が続く)と、筋内の血管が圧迫され祖血状態になります。
そうすると発痛物質(ブラジキニンなど)が作られ、痛みが生じます)を起こしています。

調整施術を行い、足を伸ばせられるように導きました。

数分で股関節は次第に動きが広がり、伸ばし曲げが楽にできるようになられました。

ベットから立ち上がり、

Kさん「まっすぐに立てます!!歩いても痛くない!!」

とのこと。
「原因」が消えれば「結果」が改善。

太ももと足の付け根の痛み

家族の方の紹介でお越しいただいた方。
脚の付け根が数日前から痛み出したと。
それ以前には左太もも後ろに痛みが出ていた。
日頃は足場の悪い場所での草刈機での作業をしている。
身体の反応を調べると、最初に左太ももの反応が出る。
左頭部を触り歩いてもらうと、
「なんだか脚が楽」との反応。
この方の右脚の付け根の痛みは、左側が始まりでそこから良くしないといけないという反応だった。
中心軸を修正、次に右脚付け根の原因除去で歩いて頂くと、
「不思議だなぁ~こんなことでどうして楽になるのか?」
というリアクション。
切り札は波動整体療法での調整。
「今は全然楽に歩ける!!」ということで終了。

股関節の痛み・ふくらはぎ攣り

右股関節の痛みでお越しの方。
この方の知人のご紹介でお越しくださった。
数週間前から右股関節付近に痛みがあり、ふくらはぎも攣り気味だという。
ふくらはぎはもっと以前から症状は出ていたというので、軸のチェック。
右腎臓系の影響でふくらはぎに現れ、経過とともに股関節付近にも症状が現れた様子。
その他の身体兆候も検査をすると左右差が歴然とし、かみ合わせにおいてはご本人も自覚しているほどであった。
軸修正をすると瞬間で右半身の兆候が正常化する。
かみ合わせは、
「あれ?両方とも力が入ります!!」
と3秒ほどの間の変化に驚かれる。
股関節においては動かしての痛みはないとのこと。
念のため筋膜等の調整を入れ終了後立ち上がりチェック。
「うわ~脚が軽いです!ふくらはぎも全然痛く無いです!」
という反応であった。
まだ症状が現れ日が浅いのと、可動域がほぼ正常値にあったという点では回復も早い。
これに拘縮など伴うと一筋縄ではいかなくなる。
痛みがあれば早めの手当をお勧めします。

股関節の痛み

股関節の痛みで名古屋からお越しの方。
すでに半年ほど前から月1度くらいの割で通われていた。
当初は痛みの部位も広範囲だったが、最近は疲れると痛みを感じる程度で
鋭い痛みは出ないといわれる。
今回は波動整体療法でご自分が今感じる部分を指摘してもらい浄化させていただく。
すると、まず「足が楽に伸ばせるようになった」
「歩いてみた感じがすごく軽くて足が出やすい!」
この様な表現は今までになく、今回が初めて。

「先生魔法使い?」
とまでいわれてしまった。

やはり波動整体療法はシンプルだが通常の施術とは比較にならない。

股関節の痛み~喜びの声~

大手口コミサイト「エキテン」に当院の喜びの声が届きましたのでご紹介します。


変形性股関節症がありますが、今まで怖くて整体とか行ったことありませんでした。

最近、股関節の痛みが酷くなり、日常生活にも支障が出るようになり、これからの生活に不安を感じていました。

そんな時、こちらの療術院の口コミを聞いて、行ってみたいと思いました。

行ってみて、感動です。

施術してもらった瞬間から、体が軽くなり、とっても楽になりました。

開きにくかった股関節が、動きやすく柔らかくなりました。

我慢してなくて、もっと早く行けば良かったと思いました。

家で自分でできることも、色々と親切に教えていただきました。

不安がなくなり、心も軽くなりました。

これからもお世話になりたいと思います。



※ありがとうございます!

股関節の痛み

左股関節痛の方。

11月に新東名を6キロ歩き、その後山歩きをされ、そのとき股関節に痛みを感じるようになったといいます。

ご本人は「歩き過ぎかも」とのことでしたが、十数年前にも股関節が痛みそのときは整形外科で検査を受けたそうです。

そのときは先天性股関節脱臼があり、骨頭の受け皿が浅いから痛むと説明を受けたそうです。

それから痛みは自然に消え、気にならなくなっていたといいます。

もし骨頭のはまりが浅いせいで痛むのなら、この十数年間も続いていたのではないでしょうか?


そこでこの方の情報を読み取りしますと、

心臓系の脈管機能のトラブルがあり、そのころから軸のズレがあったと思われます。

軸の調整後は痛みもなく、同時に出ていた肩こりも消失。

2週間自己調整をする必要ありですが、そのころまた調整に来ていただくことになりました。


鼠蹊部痛・胡坐がかけない

1か月ほど前に草刈り作業を休まず3時間続け、その後胡坐をかいていて立とうとしたら立なくなり、それ以来股関節、仙腸関節部に痛み。

運転の姿勢で鼠蹊部に痛みが出てくる。

胡坐がかけなくなった。という方。



この方の情報を読み取りますと左前頭部の脈管機能のトラブルが原因でした。

まずは中心軸を修正し、体内の過緊張やゆるみを改善。

ただ1か月間痛みをかばった臀部筋肉のしこりがあるので、筋肉、筋膜調整を施しました。

「今までに3軒、整体院を回ったが、これほどピンポイントに押してくれるところここが初めて。自分でもここだというところがよくわかる。治りそう」

ということでした。

「最初に整形外科では、坐骨神経痛のなりかけ?神経の炎症?といわれシップと痛み止め。

2件目は整体院、骨盤と背骨のズレといわれたが全くピンと来なかったし症状は変わらなかった。

だから整体はあまり信用してなかったが、ここは全く違う、もっと早く来ればよかった!」

だということでした。

調整後、胡坐をしていただくと、

「こんなふうにかけなかったが普通にできます!!」

といい、伸びをして「腰も伸ばせる」

と大変お喜びでした。

腰痛・股関節痛は腎臓が原因


右股関節を開脚していくと痛むという方。

ヨガをしていてもうまく開かないときがあるといいます。

この方の情報を読み取りますと左腎臓の脈管機能のトラブルがあり、

左腎臓部にタッチすると股関節の開脚が楽になりました。

さらに腰痛もあり特に左の筋肉は緊張が強い状態でした。

バランス軸を修正し、

トリガー整体も並行して行いました。

数日後に旅行に出かけるため、股関節が痛むのでは心配ということでした。

2回目の施術にみえたとき入ってこられすぐ、

「腰の痛みがうそのように消えてしましました!!」

「股関節もほとんど気にならなくなりました」

とのことでした。

開脚した限界時に鼠蹊部にやや痛みがありましたが、調整後はそれも消えて動しても平気になりました。

腰痛と股関節痛

腰痛、股関節痛ということでお越しの男性。

腰痛はときどき「ギックリ腰」をやりそうな気配があるそうです。

股関節の痛みと可動制限は十年以上前からだということでした。

腰と股関節の原因は別々だと判明。

まず腰についてこの方の情報を読んでいきますと、

脈管機能のトラブル脳とあり調整は立位のバランス軸を修正と情報が出ました。

身体を右25度後方に傾けるとよいそうです。

エネルギー整体でバランス軸を修正しました。

腰はその場で解消。

今度は股関節の痛みについて情報を読んでいきます。

脈管機能のトラブルで心臓系とわかりました。

修正方法は立位のバランス軸を左30度後方という情報でした。

股関節は横開きがし辛く、ひざが床面に着けにくい状態でしたが、心臓にタッチして股関節を動かすと正常に可動域が出ました。

そこで立位のバランス軸を修正しますと、痛みもなく、可動域が正常になりました。

今回は原因は二とおりでした。

原因にフォーカスして読み取ると、そのための情報が正確に現れるということを再確認できました。

両鼠蹊部と臀部痛

両鼠蹊部と臀部痛という女性。

車の座席に長く座っていたり、腰かけているとき、立ち上がるときに痛みを感じるそうです。

また臀部痛も歩きはじめなどに感じるといいます。

この方の情報をキャッチしますと鼠蹊部と臀部は別々の原因でした。

バランスを修正し、臀部から下肢にかけての筋肉の過緊張状態をエネルギー調整をしますと圧痛が改善。

鼠蹊部も同様に調整後は圧痛が改善されました。

ベッドに腰掛けてしばらく会話していましたが、痛みは出てこないということでしたので終了いたしました。