今日の施術室
いとうカイロ療術院 - ★★★痛み・こり・シビレ消痛療法★★★
RSS フォローする ファンになる

最新記事

外踝の痛み
巻き爪の痛みから生還
ひじ・腕の痛み
仙腸関節・大腿部違和感
お尻から脛に痛みがある

カテゴリー

Newバイブレーション
O脚調整
PU療法
ST療法
WB療法
WRIST GRIPコード
Y・FREEDOMコード(療法)
Y-PFCコード(療法)
アキレス腱痛
アレルギー
アンチ・エイジング
ウエスト引き締め
うつ症状
お知らせ
ギックリ腰
グルメ
シビレ
スーパースティック療法
スポーツでの故障
スポーツ後のケア
トラウマ・PTSD
トリガーポイント
バイブレーションCHAR
バイブレーションコード
ひざの痛み
ひざ関節痛
ひじ痛
ふくらはぎの痛み
プログラム調整
ペットヒーリング
むくみ
むちうち
めまい ふらつき
メンタルヘルス
ゆらぎ改善療法
上半身の症状
下半身の症状
不安感
不定愁訴
不眠
中心軸合わせ
乗り物酔い
五十肩
便秘
全身疲労
全身骨格調整
内臓下垂調整
口の中のトラブル
口腔関連
咽喉の痛み
喜びの声
嚥下障害
回復力
坐骨・脊柱のパワー不足
坐骨の耐用プログラム
坐骨神経痛
大腿部痛
太長寿
姿勢
怠い
息苦しさ、胸の不快感
成長痛
手関節の痛み
押圧療法
指関節痛
整体
整体メンテナンス
整体職人≪匠の技≫
日常
日頃のケア
椎間板ヘルニア
歯肉炎・歯痛
波動エネルギー
波動グッズ
波動整体カウンセリング
波動整体療法
波動調整
浮き・沈み
産前産後の腰痛
異常感覚
痛み改善・原因除去整体
目の疲れ
知覚過敏
硬膜・筋膜・骨膜・腹膜調
社会不安障害
筋肉が攣る
絶対重心療法
美容系波動グッズ
耳の聞こえが悪い
肋骨、脇の痛み
肌のトラブル
股関節痛
肩こり
肩の痛み
肩甲骨周囲の症状
肩関節痛
胃痛
背中の痛み
脇腹痛
脈管系トラブル
脊柱管狭窄症
脚が上がらない
脚のツッパリ
脚の痛み
脛の痛み
脳・神経エネルギー系
腕が上がらない
腕の痛み
腰痛
腱鞘炎
腹痛
膨満感
臀部痛
自律神経バランス療法
自律神経系
臭い(嗅覚)
講習会
足の甲の痛み
足の痛み
足底痛
足首の捻挫の痛み
踝の痛み
軸調整
遠隔療法
重力バランス
重心の浮き沈み現象
関節のこわばり
関節リウマチの痛み
関節痛
霊媒体質
頭が重い
頭痛
額関節痛
顔面・小顔・顎関節調整
顔面調整
食欲不振
首こり
首の痛み
骨折後の痛み
骨盤調整

アーカイブ

1月 2019
12月 2018
11月 2018
10月 2018
9月 2018
8月 2018
7月 2018
6月 2018
5月 2018
4月 2018
3月 2018
2月 2018
1月 2018
12月 2017
11月 2017
10月 2017
9月 2017
8月 2017
7月 2017
6月 2017
5月 2017
4月 2017
3月 2017
2月 2017
1月 2017
12月 2016
11月 2016
10月 2016
9月 2016
8月 2016
7月 2016
6月 2016
5月 2016
4月 2016
3月 2016
2月 2016
1月 2016
12月 2015
11月 2015
10月 2015
9月 2015
8月 2015
7月 2015
6月 2015
5月 2015
4月 2015
3月 2015
2月 2015
1月 2015
12月 2014
11月 2014
10月 2014
9月 2014
8月 2014
7月 2014
6月 2014
5月 2014
4月 2014
3月 2014
2月 2014
1月 2014
12月 2013
11月 2013
10月 2013
9月 2013
8月 2013
7月 2013
6月 2013
5月 2013
4月 2013
3月 2013
2月 2013
1月 2013
12月 2012
11月 2012
10月 2012
9月 2012
8月 2012
7月 2012
6月 2012
5月 2012
4月 2012
3月 2012
2月 2012
1月 2012
12月 2011
11月 2011
10月 2011
9月 2011
8月 2011
7月 2011
6月 2011
5月 2011
4月 2011
3月 2011
2月 2011

検索エンジンの供給元:

今日の施術室

脚の痛み

大腿内側の筋痛

寝て脚を伸ばすと、

太腿の内側に痛みが出るという女性。

股関節を回しますと、

脚の付け根に痛みがあります。

膝も伸びきらないので、

筋肉が収縮した状態にあります。


スーパースティック療法での施術後は

股関節の回旋、

付け根の痛みも消失。

ひざの伸び方も余裕が出てきました。


農作業での偏った使い方を長年してきた蓄積でしょう。

體の使い方に留意して

大切にされるといいでしょうね。

脳反射キャッチによる原因検出

週に何度か頭痛が起き、

普段は右首と右肩のコリ、

左臀部から下肢の痛みシビレという女性。

脳反射キャッチでチェックしていきますと、

原因は2つ。

右首肩は右脳の脈管システムエラー。

左下肢シビレは左腎臓の脈管エラー。

他にも、後頭骨と頸椎のつまりなども頻繁に出る頭痛の原因でした。


調整施術後は

kさん「何か抜けたように凄く軽くなりました!来た時はズーンと重かったけど凄く楽です」

この方のお仕事の同僚も当院にみえておられ、

Kさん「いつも◯◯さんたちとここの話をしているんですよ。手を触れないのに何で悪いとこがわかっちゃうんだろう?って不思議だよねぇ~って言ってるんですよ」

脳反射キャッチのチェック法を言われたのですが、

何も特殊なことではなく、誰でもなれればできますよ。とお話しました。

今では当たり前にやっていますが、知らない人からすれば、魔法使いのようですね。


臀部・大腿部裏のツッパリ

腰掛けての草むしりを一日中しているという80代女性。

立ち上がると、

「お尻の所から太ももの後ろがつっぱって腰を曲げてしまう」

とおっしゃる。

臀部の圧痛、大腿部、ふくらはぎに圧痛が多数あり

これらを確認しながら筋緊張を取る。


施術を終え、立った状態で伸ばして確認。

kさん「あ~のびる!」

私「歩いてください」

kさん「あ!らくらく、腰を曲げんでも楽!」

長時間の草むしりは、休み休みにしましょう。

脊柱管狭窄症といわれた痛み

左臀部から脚全体の痛み、最近は右側も痛いということで来院された女性。

半年ほど前に「脊柱管狭窄症」といわれ薬を飲んでいたが痛みは一向に変わらない。

ちょうど当院前を通りがかりご予約頂きました。

この方の情報を読んでいきますと左脳脈管機能のトラブルがあり立位でのバランス軸のズレがありました。

軸の修正をして、臀部から脚の筋膜調整を施しますと、

まず「寝返りが楽にできるようになった」

起き上がってみて

「楽に起き上がれる!」

「足の痛みを感じない。足先に血が通っている感じ」

と変化を感じておられました。

まだ自己調整を含め施療する必要がありますが、

本人が「楽」という実感があることで「自分で治す」という意識も高もありますね。

椎間板ヘルニア、坐骨神経痛の痛み

数か月ほど前から左太ももの痛み、しびれ、数年前から腰痛で椎間板ヘルニア、坐骨神経痛といわれた。

整形外科、マッサージ、整体、カイロ等様々なところへ行くも改善しないということでした。

この方の情報を読み取りますと

心臓系の脈管機能トラブルがあり、立位のバランス軸のズレでした。

軸の修正後、筋肉の過緊張をとる調整

お聞きしますとストレスがかなり強い状態でした。

それらの解放をして1回目は終了。

2度目のときは

「たった1回でこれほどよくなるとは思いませんでした。もう今までのは何だったの?というかんじです」

とのことでした。

太ももの痛みは感じるものの気にしなければ気にならないくらいだそうです。


共通した痛みの症状

このところ、臀部、大腿部痛を主訴とする患者様が多く見えます。

共通して、レントゲン上で骨からの原因説をいわれ、

筋トレ、投薬、を続けるも改善せず。

整体・カイロで骨盤、背骨のズレ説で施術を受けるも改善せず。

トレーニング教室に通うも変化なし。

ほとんどの方が同様の道をたどっていました。


当院では痛みの背景に

「不安感、心配、恐怖、怒り、悲しみ、仕事が忙しく休めない、不眠、悲観的」

といったネガティブエネルギーの関連と

バランス軸のズレがサインとして症状をあらわしていることを突き止めます。

その方の情報を読み取り、情報通りに調整を行うことで改善度合いが格段と上がります。

長い間痛みにさらされた筋肉は委縮しています。

動きはじめ、同じ姿勢で痛むのは筋肉関連です。

これらはトリガーポイントを開放することで次第に楽になります。

今までの間違った知識、行動の制限、痛みや特定部位のこだわりや恐怖の考え方を変え、

痛みの本質を知るだけでも気持ちが前向きになり、安心感を得ることができます。

脳が変われば体も変わります。

回復の一歩です。

脊椎のズレ、神経圧迫、歪みは直接原因ではありません。

なるべく普段通りの生活、動作をして下さい。

大腿部の痛み


右大腿部の痛みという方。

ゴルフの練習をして以来痛みが出たということですが、

主に長く腰掛けていて、立ち上がるときに太ももの前と後ろはひざ裏あたりに感じるということでした。

この方の情報を読み取りますと、脳関連の脈管機能トラブルで、バランス軸立位のズレでした。

1回目の整体調整でひざ裏の痛みが解消し、

2回目の調整後は太もも前側の痛みが解消した様子です。

大腿部前面のトリガーポイントもありましたのでこれらの施療をいたしました。

施術後は

「脚が大変軽い!」

ということでした。

大腿前面の痛みは心臓系

太ももの前面に痛み、だるさがあるという方。

特に歩きが続くといたくなるのだといいます。

今までに病院では「腰からきている」とレントゲンを撮り、痛みどめ、注射をし、

鍼治療でも「腰からきている」と腰に鍼をうち、

あれがいいからとあれをして、これがいいといえばこれをして…

しかし何をしても全く痛みは変わらないそうです。

家族の勧めで当院に来られました。

この方の症状を見極め検査してみますと、

原因に「心臓」がでてきます。

心臓に片手でタッチしていただき、歩いてもらいますと、

「腿に痛みはない」と痛みなく歩けました。

原因にタッチすることで症状が消える現象がおこります。

キャッチした情報通りに、今度は体をある方向へ傾けていただくと、脚が楽になるといいます。

この方は心臓系の脈管機能のトラブルで、「腰のせい」なんかではありませんでした。

バランス軸を修正し、モモの筋肉の緊張を開放しますと歩いても平気で歩けるようになられました。

自己調整をしっかりしていただき、数回続けることで状態の良い時間が増えることだと思います。

臀部から下肢の痛み

臀部から下肢の痛みという方。

10日ほど症状が続いているといいます。

病院で電気治療を受けるも改善しないということでした。

この方の情報を読み取りますと

心臓系の脈管機能のトラブルで右腕にも症状が現れていました。

バランス軸の調整をしますと腕の痛みは即改善。

臀部から脚の痛みは筋肉の硬結部の解消で立つ姿勢や歩く動作が楽になられました。

立つ姿勢や歩きが楽にできるようになったと驚いた様子でした。

首肩腰臀部下肢の痛み・その他症状

首肩、臀部、下肢の張り、コリ、痛み、ドライアイ、唾液が少ない、左で噛めない、しゃがんで右に重心をかけて立てないなどの症状でお越しの方。

とにかくいろいろな病名がありましたが、筋力不足でも何でもありません。

この方の情報を読んでいきますと

首肩、顎の症状は心臓系脈管機能のトラブル、ドライアイと唾液が少ないは支持骨系トラブル、しゃがんで立てないも支持骨トラブル、坐骨は耐用時間のトラブルがありました。

情報通りの調整を行いますと、

まず首肩、噛む力の症状が改善。

ドライアイと唾液は同じ問題で調整後は10秒開けていられなかった目が15秒過ぎても問題なく開けていられるようになり、眼のざらつき感が消えたそうです。

また涙が出るようになったと。

しゃがんで立てないのは右内側広筋のトラブルで調整後は楽に立てるようになりました。

臀部から下肢の痛み、張りは坐骨の耐用時間が10分以内という情報でした。

立位で背骨のパワーを検査しても支える力がなく、在での左右に体を倒す動作は特に左側に倒れにくい状態でした。

調整後は立位での背骨のパワーが復活、私がもたれてもビクともしませんでした。

座位での左右倒しも問題なくスムーズさを取り戻しました。

40分まで耐用時間が延びましたので続けて調整すればさらに時間が延びることでしょう。

脚の痛みが3秒で改善

足に痛みが出たということでお越しの方。

以前は定期的なメンテナンス整体を受けておられましたが、

イス式マッサージ器が家にあるので、これからはマッサージ器で養生するとしばらく感覚が空いていました。

しかしマッサージ器ではやはり「ダメだ!」と今回の来院でしたが、

脚の痛みの原因は心臓系脈管機能のトラブルでした。

実際に心臓の上にタッチしていただくと、痛くてあげられなかった足が上がるようになりご本人もびっくり。

さらに情報を読み取り左後方に体を傾けると軸がそろうことも確認いたしました。

まずはその調整(約3秒)をして足の症状はほぼ解消され、体重をのせられるようになったそうです。

その後は、全身の調整で流して終了いたしました。

「歩いても痛く無い!!やっぱりさぼっちゃだめだね」

と定期的施術の大切さがよく分かったということでした。

両鼠蹊部と臀部痛

両鼠蹊部と臀部痛という女性。

車の座席に長く座っていたり、腰かけているとき、立ち上がるときに痛みを感じるそうです。

また臀部痛も歩きはじめなどに感じるといいます。

この方の情報をキャッチしますと鼠蹊部と臀部は別々の原因でした。

バランスを修正し、臀部から下肢にかけての筋肉の過緊張状態をエネルギー調整をしますと圧痛が改善。

鼠蹊部も同様に調整後は圧痛が改善されました。

ベッドに腰掛けてしばらく会話していましたが、痛みは出てこないということでしたので終了いたしました。


臀部痛と下肢のシビレ・ひざ痛

左でん部から下肢にかけて痺れ、痛みがあるという男性。

2週間ほど前に梅の剪定をして以来症状が現れた。

病院でレントゲン検査をした結果、骨が神経を触っているから痛いといわれ、シップと痛み止めを服用するも発疹が出て痛みどめは飲めないとのことでした。

この方からの脳の情報を読み取りますと重力バランスの立位のズレがあり骨や神経の原因ではない。

始まりは以前から悪い膝が先で、それをかばい生活していたため左中殿筋が硬結した。

情報では先にひざの調整となり、左でん部は左足の支持骨2か所を調整すると臀部の痛みは消失しました。

立っているとすぐ辛くなるということでしたが、波動調整後は楽になったということでした。

左側に痛み

左側に痛みや不調が出る方。

最近は胃の痛み、腸の調子が悪い、臀部から下肢に痛みや攣りがある。

この方の脳の情報を読み取りますと

バランス軸のズレがあり、内臓自体に異常はないものの過去にさかのぼると20代のころ影響があることがわかりました。

波動調整でバランス軸を改善すると痛みが消失。

内臓のトラブルは過去の影響を波動調整しますと、頭や体の重さ、不安感が消えたということでした。

20代のころ先立てられるような焦り、不安、恐怖といった残存波動が緊張を増幅していたようです。

そのような場面になるたびに緊張があったそうですが、調整後は気分が楽になられたそうです。

様々な改善例

2週間前に施術を受けた方。すでにしもやけで足の指が痛い、かゆいとのことでした。

施術後から痛み、かゆみは気にならなくなったそうです。


部屋の片づけをしなければいけないのに、やる気が出ない、片付け始めても集中できない、最後までやらずに他に気移りしてしまうというかた。

施術後はモチベーションが高まったそうで、やる気満々になったとで報告に来てくれました。


すわり仕事が苦痛だという方。

数分で落ち着かなくなり腰痛、下肢痛がたびたび出ていた。

施術後は数分が数十分、十数分と伸びてきているとのこと。

痛みも今までは痛み止めを何度も飲んでいたが、今は薬を飲まなくても済むということでした。