エネルギー整体ブログ
いとうカイロ療術院 - ★★★痛み・こり・慢性症状でお悩みの方★★★
RSS フォローする ファンになる

最新記事

トラウマリセット
ひざ痛、ミカン切に間に合わせたい!
手首の痛み
リラクっす状態でコリ痛みからおさらば
強い刺激NG!

カテゴリー

Newバイブレーション
O脚調整
PU療法
ST療法
WB療法
WRIST GRIPコード
Y・FREEDOMコード(療法)
Y-PFCコード(療法)
アキレス腱痛
アレルギー
アンチ・エイジング
ウエスト引き締め
うつ症状
エネルギー療法
お知らせ
ギックリ腰
グルメ
シビレ
スーパースティック療法
スポーツでの故障
スポーツ後のケア
トラウマ・PTSD
トリガーポイント
バイブレーションCHAR
バイブレーションコード
ひざの痛み
ひざ関節痛
ひじ痛
ふくらはぎの痛み
プログラム調整
ペットヒーリング
むくみ
むちうち
めまい ふらつき
メンタルヘルス
ゆらぎ改善療法
上半身の症状
下半身の症状
不安感
不定愁訴
不眠
中心軸合わせ
乗り物酔い
五十肩
便秘
全身疲労
全身骨格調整
内臓下垂調整
口の中のトラブル
口腔関連
咽喉の痛み
喜びの声
嚥下障害
回復力
坐骨・脊柱のパワー不足
坐骨の耐用プログラム
坐骨神経痛
大腿部痛
太長寿
姿勢
怠い
息苦しさ、胸の不快感
成長痛
手関節の痛み
押圧療法
指関節痛
整体
整体メンテナンス
整体職人≪匠の技≫
日常
日頃のケア
椎間板ヘルニア
歯肉炎・歯痛
波動エネルギー
波動グッズ
波動整体カウンセリング
波動整体療法
波動調整
浮き・沈み
産前産後の腰痛
異常感覚
痛み改善・原因除去整体
目の疲れ
知覚過敏
硬膜・筋膜・骨膜・腹膜調
社会不安障害
筋肉が攣る
絶対重心療法
美容系波動グッズ
耳の聞こえが悪い
肋骨、脇の痛み
肌のトラブル
股関節痛
肩こり
肩の痛み
肩甲骨周囲の症状
肩関節痛
胃痛
背中の痛み
脇腹痛
脈管系トラブル
脊柱管狭窄症
脚が上がらない
脚のツッパリ
脚の痛み
脛の痛み
脳・神経エネルギー系
腕が上がらない
腕の痛み
腰痛
腱鞘炎
腹痛
膨満感
臀部痛
自律神経バランス療法
自律神経系
臭い(嗅覚)
講習会
足の甲の痛み
足の痛み
足底痛
足首の捻挫の痛み
踝の痛み
軸調整
遠隔療法
重力バランス
重心の浮き沈み現象
関節のこわばり
関節リウマチの痛み
関節痛
霊媒体質
頭が重い
頭痛
額関節痛
顔面・小顔・顎関節調整
顔面調整
食欲不振
首こり
首の痛み
骨折後の痛み
骨盤調整

アーカイブ

11月 2019
1月 2019
12月 2018
11月 2018
10月 2018
9月 2018
8月 2018
7月 2018
6月 2018
5月 2018
4月 2018
3月 2018
2月 2018
1月 2018
12月 2017
11月 2017
10月 2017
9月 2017
8月 2017
7月 2017
6月 2017
5月 2017
4月 2017
3月 2017
2月 2017
1月 2017
12月 2016
11月 2016
10月 2016
9月 2016
8月 2016
7月 2016
6月 2016
5月 2016
4月 2016
3月 2016
2月 2016
1月 2016
12月 2015
11月 2015
10月 2015
9月 2015
8月 2015
7月 2015
6月 2015
5月 2015
4月 2015
3月 2015
2月 2015
1月 2015
12月 2014
11月 2014
10月 2014
9月 2014
8月 2014
7月 2014
6月 2014
5月 2014
4月 2014
3月 2014
2月 2014
1月 2014
12月 2013
11月 2013
10月 2013
9月 2013
8月 2013
7月 2013
6月 2013
5月 2013
4月 2013
3月 2013
2月 2013
1月 2013
12月 2012
11月 2012
10月 2012
9月 2012
8月 2012
7月 2012
6月 2012
5月 2012
4月 2012
3月 2012
2月 2012
1月 2012
12月 2011
11月 2011
10月 2011
9月 2011
8月 2011
7月 2011
6月 2011
5月 2011
4月 2011
3月 2011
2月 2011

検索エンジンの供給元:

エネルギー整体ブログ

腕が上がらない

設楽町田口での施療日

22日は設楽町田口での施療日でした。
肩痛、肩こり、腰痛、上腕痛の方々がお越しくださったり、
会場に移動できない方々は訪問施療もあり分刻みの一日でした。
中でも右手第4指の痛みの方、握ると関節が痛むのですが、スーパースティックで摩り、プッシュをしたところすぐに握りが平気になられました。

五十肩の女性も両肩出ていますが特に右が痛むといいます。
施術後は鋭い痛みが消え、可動域も増加しました。

腰痛(左)の女性は強い圧痛がありました。
毎朝寝起きが辛いそうですが、施術後は圧痛が消え、動きも楽になりました。

慢性的肩こり、根を詰める作業が毎日という女性。
施術後は今までにない軽さを実感されたといいます。

その中ですべての方々に、スーパースティックで施術をいたしました。
すべての方々が効果を実感されました。

坐骨のシステム障害

先日お見えになられた女性。

長い間に猫背気味の姿勢になり、

肩が上がりにくく、腰痛を繰り返したり、どこかいつも不調があるということでした。

脳反射キャッチテストでみてみますと、

坐骨のシステム障害という現象でした。

簡単にいえば、座ると当たるお尻の骨が座る圧力に耐えきれない状態。

したがって、その上の背骨も影響を受け

頚椎、胸椎、腰痛の異常のみならず脊髄神経にまでトラブルが現れていました。

私「長く座ることって出来なかったですね」
Nさん「はい!一日の中でゆっくり座ることはないです。テレビを見るにも立ってみることが多いですし、子供のころから座ることが嫌でしたので
仕事は立ち仕事と決めて美容師になりました」

生まれながらのシステム上の問題なのですが、

こういうことは知らずに大人になります。

この方のように生涯の仕事にまで選択肢が狭まる可能性もありますね。

あまり一般的ではないですが実はお越しになる方の大半の方が、

強弱の差こそあれ、こうしたトラブルが起きています。

そして、キチンと原因がわかれば治癒は即効的です。

あぐらの姿勢で背中を伸ばし、両肩に上から徐々に圧をかける検査では

施術前はほんの少しで背中がぐにゃっと支えきれませんでしたが、

数秒の調整施術で、支える力が格段に上がりました。
Nさん「肩を楽にあげることができます!」とのこと。

原因が消えれば「結果」が改善いたします。

肩関節痛

左肩関節が痛くて腕が挙げられないという80代の方。
知人から当院で肩が治ったと聞き、直接ご来院。
症状は2か月前から出て、1か月整形に通院しているが変わらないとのこと。
夜間から明け方に肩が痛くて目が覚めるということ、
前方挙上は90度まで、後方はほぼ上がらず腰のあたりまで。
20分ほど施術をさせていただいた時点で、
「ほい!こんなに挙がるようになったぞん!!」
前方挙上は150度まで、後方は50度まで動かせるようになる。
痛みもかなり楽とのこと。
ご家庭でも動かせる範囲でリハビリをするようにお願いする。

肩、ひざ、腰の痛み

左肩関節の痛みで腕が90度以上、挙げると痛む、

腰の痛み、ひざ裏の痛みでお越しの方。

まずは左肩関節、指先で少し押さえても「そこが痛い!」という反応。

患部は押さえず、痛いことをしないで摩る程度に肩から腕全体を施術。

次に動かしていただくと、痛むことなく上まで挙げられるまでになる。

ひざ裏も、腰も同様に動作としては摩る程度の施術を数分間。

施術後、動作をしていただくと

「肩は痛く無い!、アッ腰も、ひざも痛まない!」

というような具合で終了。


腕の痛みとしびれ

腕のシビレ、首の痛み、全身の歪んだ感覚という方。

知り合いが始めたというカイロプラクティックにいったら、後日余計症状が悪化したそうです。

そのことが心配になり相談すると「それは好転反応だから大丈夫」といわれたそうです。

初回に気軽に行ったカイロで、サプリメントの強要、枕、マットレスなどの貸し出しをいわれたそうで、不安感を抱かれたそうです。


最近当院にも良くならないといわれてお見えになる患者様がみえます。


知り合いが始めたという紹介で気軽に行き、施術されてよくなるどころかかえって辛くなり、それは好転反応だといわれ我慢させられる。

挙句の果てに、カイロだけではだめだからサプリを無理に進められ、枕やマットレスまで貸し出すと、その価格を見てびっくりした、不安になった、もう懲りた・・・

商品を売りつけることに重きを置いているように見受けられます。

さらにはこうしたところは

マルチ商法的な施術所がありますので、注意が必要です。

患者さんではなく、客としての考えでしかありません。

そして何回通っても良くならないというのも特徴です。

そういっては何ですが白衣を着た素人が人を触るわけですから。

もう一つの特徴としてはやっている人も「良いこと」と思い込んでいるところ。

またこういうところのふれこみは、決まって、

「背骨の歪みを治します」

「根本から治すには歪みを整えないといけない」

「あなたの体は歪んでいませんか?」

などなど、歪むことが体に良くないというイメージを持ってしまいます。

腰痛などに関しても同様です。

しかし、世界中のどの文献をみても、歪みが原因で腰痛になるという証拠は存在しません。

逆に、歪みが腰痛と関係ないという証拠ならあります。

なぜか、日本だけで広まってしまっている、「歪みむと腰痛になる」というデタラメ。

この迷信のおかげで、腰痛患者さんの治癒が阻害されたり、

再発率が上がったり、

無駄な医療費がかかったりと、

多くの不利益が生じているのが現状です。


この方の場合、当院での施術後は腕のシビレと痛みはほとんど消失いたしました。

伸ばせなかった両腕も真上に伸びるようになりました。

肩から上腕の痛み

右上腕と肩の痛みの女性。

腕を挙上途中で肘からうえ、肩の方に痛みがあります。

この方の情報を読み取りますと、

バランス軸立位のズレ、脈管トラブルは脳こうそく系だと判明。

情報を読み取ることで将来、脳血管系のトラブルが起きる可能性があることを示します。

バランスを正常な位置に復帰させることで、こうした脈管トラブルを回避できます。

波動調整でバランスを整えると肩から腕の痛みが消失しますが、

長い間軸のズレがあるため、時間の経過とともにずれの方に戻ります。

そのため軸の定着をさせなければならないので、そのための調整法をご指導させていただき、様子を見ていただくことになりました。

右肩の痛み

右肩関節痛が長く続くという女性。

左ふくらはぎのシビレもあります。

週2回のリハビリ、プールでの運動など続けているそうですが痛みが変わらないといいます。

肩のマッサージをしても帰るころにはすぐ痛みが出るとのことでした。

この方がお話をされている間に、この方の情報を読み取りました。

重力バランス立位のズレ、脈管機能は右脳のトラブル、支持骨は両足の立方骨、左ふくらはぎのシビレは後方内側25度、右上腕の痛みは右立方骨後方内側20度から45度まで調整。

最初に脈管機能のトラブルが右脳ということでしたので、左手で右頭部にタッチしてもらうと右肩が楽に動かせるようになりました。

波動調整でバランス軸を修正しますと肩関節はほぼ動かせますがまだ7割の改善です。

さらに両足の支持骨を左足1秒で左ふくらはぎのシビレが消失。

右足の調整で、すぐ右肩と上腕の痛みを確認いたしました。

肩はどの方向へ動かしても痛みがないとのことでした。

「このままでいてくれりゃいいんだけど…」

ごもっともですが、長い間のズレのようですので。

ではこの良い状態がいつまで続くか情報を読みますと、10日間でした。

軸が定着しないとバランスが安定しないので、再び軸のズレを知らせるためのサインが痛みとして出てくるのです。

これを確かめるためにこの方に10日後の想像をしていただきます。

その日の予定では病院に行く日で、ちょうど時間的には診察が終わりかえるころだそうです。

そこで腕を動かしていただくと

「なんだか重くて引っ張るような感じ」だそうです。

そこで今度は、当院でプログラムした側坐核と脳への血流を改善させる波動調整ボードを持っていただきますと、瞬間に痛みが消え、

「うそ~!そんなに効く?」と驚かれていました。

つくづく脳は不思議だと感じます。


右肩上腕部の痛み

右上腕部の痛みの女性。

週に2回リハビリで関節運動やマッサージを受けているそうです。

痛みは上腕筋の部分で反対側の方にもっていく、肘の屈曲、等で痛みます。

この方からの情報をキャッチしますと

バランス軸立位のズレ、支持骨系のトラブル、脈管系トラブルがあり、さらには心配、不満、恐怖、辛い、淋しい、などストレス波動が過剰でした。

波動調整で即肩の動きが改善、支持骨は右第2楔状骨後ろ外側15度への調整で上腕部の痛みは消失いたしました。

施術後には「今までにないすごく楽な感じです」ということでした。

側方挙上と回旋の肩痛

ラジオ体操をすると右肩が痛くて挙げられないという方。

日常でも腕の痛みのため不自由なことが多いといいます。

右肩の側方挙上では約50度で痛みがあります。

回すことは痛いのでできないといいます。

波動整体療法での施術後はラジオ体操の動作が自然にでき

側方挙上も肩回しも痛みなくできるようになりました。



両肩・腕の痛み


柿の木の枝が邪魔だったの伐った後から両腕、両肩が痛みだしたという方。

痛みのため一晩病んだそうです。

今までにないような痛み方だといいます。

波動整体療法での施術後、

両肩と腕の痛みは全く感じなくなったそうです。

両肩の五十肩

両肩が五十肩の方。
 
数回施術を継続中です。
 
どういう動きをするといたのか確認してみると、服を繰る動作や脱ぐ動作でした。
 
どこが痛いか場所を聞き、波動整体療法で施術をすると、最初は押さえても痛い部分の痛みは消え、その動作はスムーズにできるようになりました。
 
さっきまで辛かった動作がすぐに出来るようになるので、比較しやすく、効果がわかります。
 
ラジオ体操も手が上に挙げられるようになり、動きはかなり楽な様子でした。
 
ただまだこわばる感じが残るので継続中ですが経過は良好です。
 

腕の痛み

骨折の治療後、肩関節の可動が悪くなり、腕を頭まで伸ばせないという方。
 
毎週リハビリに通っているそうです。
 
肩関節が固まってしまい、動かせないようですが、昼間腕から手にかけてジンジン病めるのが辛いそうです。
 
波動整体療法の施術後は、
 
「手のジンジンやめる感じが消えた。楽だ」
 
ということでした。
 
肩関節は時間がかかりそうですが、痛みを感じなくなれば苦痛が減り楽だと思います。

肩関節痛

右肩関節の痛みの方。
 
遡るともう学生のころから続いている症状だそうです。
 
バレーボールの練習が重なり無理をしたそうです。
 
挙上が70度ほど、まっすぐ上には伸ばせません。
 
無理に伸ばすと肩で引っかかる感じ、ゴリゴリする感じがするといいます。
 
検査すると肩は亜脱臼をおこしていました。
 
首から肩の筋肉も低下していました。
 
バレーでは、肩はもともと痛むので背筋と腹筋の力で肩には負担をかけずに打っていたそうですが、腹直筋もいため押すと固く指が入らないほどだといいます。
 
バランスを調整し、患部からのダメージを抜くとほとんど問題なく肩は上がるようになりました。
 
肩はほとんど触れていませんし、あまりにも簡単に腕が上がるようになりられたので驚いた様子でした。
 
「これ凄いですね!」と、
 
あらゆる方向に肩を挙げておられましたが、
 
「痛くない!!まっすぐ上がるようになった!耳に腕が引っ付く、こんなことすると肩が引っ掛かって動かせなかったけど何ともない!」
 
次に腹直筋の痛みも、筋の修復、痛みの情報を取り去ると、
 
お腹を押さえていて、
 
「もう大丈夫!!指が奥まで入るようになった」
 
最後に波動整体ゆらぎ改善療法をして終了いたしました。
 
 
 

肩関節痛

腕を上げると肩が痛む、回しにくくゴリゴリして関節が抜けてしまいそう。
 
横向きに寝ると肩関節が痛みだす。
 
服の脱ぎ、着る動作で痛むといいます。
 
昨年の秋ごろから症状が出たそうで、最初は接骨院で電気を1カ月続けたそうですが、全く効果なしだったそうです。
 
今度は整形外科へ行くも、レントゲンは異状なし、痛み止めと電気治療を1カ月続けたそうですが、効果がなかったそうです。
 
精神系の薬を勧められたため通院をやめたといいます。
 
日増しに肩、腕が痛むようになってきたそうです。
 
この方の背景には様々なストレスなどあらゆる環境の影響も考えられました。
 
検査をして原因を探っていきますと、症状が出ている側の筋肉は薄くなり、肩関節は亜脱臼の状態でした。
 
施術をさせて頂きますと、薄くなっていた筋肉は正常に戻り、肩の亜脱臼も安定しました。
 
「腕を上げてみてください」
 
かなり挙げやすくなられた様子。
 
今度は痛む方を下に横向きで寝ていただくと痛みが出るということでしたので、さらに施術していきますと、横に寝ても痛く無いようになりました。
 
腕を回す、挙げるなどしていただきましたが痛みはなし、しっかり動かせるようになりました。
 
肩関節には一切触ることなく改善されました。
 
「もう2か月も電気を続けたがそれじゃあダメだと気づきました。根本が治ってないと」
 
とおっしゃっていました。
 
 

肩関節の拘縮・挙上痛

腕が痛くて上がらないという方。
 
昨年の10月頃から症状が出ていたそうです。
 
その頃はまだ痛いなりに腕は動かせていたそうですが、今年に入り痛みはピークを迎え、医者に行くと肩のレントゲン検査には異常はなく、「加齢です」といわれたので、
「年を取るとこんなに痛いのを我慢して老後を生きていかなければならないのか」、しかし辛い・・・
 
と思っていたそうです。
 
医師から「加齢だから仕方ない」といわれてしまえば、諦めるしかないと思っていたそうです。
 
痛いからとずっと動かさずにいたため90度程度までしか上がりません。
 
症状が出だしてからすでに半年が経過、肩関節は挙上範囲が限られ、関節が固まった状態でした。
 
こうなるとすぐには、というわけにはいきません。
 
波動整体療法で施術をしながら肩の動きをみていきました。
 
やはり拘縮のために挙上で痛みを感じる状態でした。
 
まだ痛みだして時間の経過が少ない、あるいは痛いが関節は動かせる程度のレベルならほぼ1回の施術で改善いたしますが、
 
こうなるとサッと上まで挙がる、挙げる時の痛みが消えてしまうというわけにはいきません。
 
患部のダメージを抜きますと、少し痛みなく挙上できるところまでになりましたが、
 
今後も動かせる範囲を広げていく施術になります。