今日の施術室
いとうカイロ療術院 - ★★★痛み・こり・シビレ消痛療法★★★
RSS フォローする ファンになる

最新記事

沈み状態
見放された大腿部痛が完治
仙腸関節のつまり感
ひざ裏のツッパリ
両肩関節痛で挙上困難!

カテゴリー

Newバイブレーション
O脚調整
PU療法
ST療法
WB療法
WRIST GRIPコード
Y・FREEDOMコード(療法)
Y-PFCコード(療法)
アキレス腱痛
アレルギー
アンチ・エイジング
ウエスト引き締め
うつ症状
お知らせ
ギックリ腰
グルメ
シビレ
スーパースティック療法
スポーツでの故障
スポーツ後のケア
トラウマ・PTSD
トリガーポイント
バイブレーションCHAR
バイブレーションコード
ひざの痛み
ひざ関節痛
ひじ痛
ふくらはぎの痛み
プログラム調整
ペットヒーリング
むくみ
むちうち
めまい ふらつき
メンタルヘルス
ゆらぎ改善療法
上半身の症状
下半身の症状
不安感
不定愁訴
不眠
中心軸合わせ
乗り物酔い
五十肩
便秘
全身疲労
全身骨格調整
内臓下垂調整
口の中のトラブル
口腔関連
咽喉の痛み
喜びの声
嚥下障害
回復力
坐骨・脊柱のパワー不足
坐骨の耐用プログラム
坐骨神経痛
大腿部痛
太長寿
姿勢
息苦しさ、胸の不快感
成長痛
手関節の痛み
押圧療法
指関節痛
整体
整体メンテナンス
整体職人≪匠の技≫
日常
日頃のケア
椎間板ヘルニア
歯肉炎・歯痛
波動エネルギー
波動グッズ
波動整体カウンセリング
波動整体療法
波動調整
浮き・沈み
産前産後の腰痛
異常感覚
痛み改善・原因除去整体
目の疲れ
知覚過敏
硬膜・筋膜・骨膜・腹膜調
社会不安障害
筋肉が攣る
絶対重心療法
美容系波動グッズ
耳の聞こえが悪い
肋骨、脇の痛み
肌のトラブル
股関節痛
肩こり
肩の痛み
肩甲骨周囲の症状
肩関節痛
胃痛
背中の痛み
脇腹痛
脈管系トラブル
脊柱管狭窄症
脚が上がらない
脚のツッパリ
脚の痛み
脛の痛み
脳・神経エネルギー系
腕が上がらない
腕の痛み
腰痛
腱鞘炎
腹痛
膨満感
臀部痛
自律神経バランス療法
自律神経系
臭い(嗅覚)
講習会
足の甲の痛み
足の痛み
足底痛
足首の捻挫の痛み
踝の痛み
軸調整
遠隔療法
重力バランス
重心の浮き沈み現象
関節のこわばり
関節リウマチの痛み
関節痛
霊媒体質
頭が重い
頭痛
額関節痛
顔面・小顔・顎関節調整
顔面調整
食欲不振
首こり
首の痛み
骨折後の痛み
骨盤調整

アーカイブ

1月 2019
12月 2018
11月 2018
10月 2018
9月 2018
8月 2018
7月 2018
6月 2018
5月 2018
4月 2018
3月 2018
2月 2018
1月 2018
12月 2017
11月 2017
10月 2017
9月 2017
8月 2017
7月 2017
6月 2017
5月 2017
4月 2017
3月 2017
2月 2017
1月 2017
12月 2016
11月 2016
10月 2016
9月 2016
8月 2016
7月 2016
6月 2016
5月 2016
4月 2016
3月 2016
2月 2016
1月 2016
12月 2015
11月 2015
10月 2015
9月 2015
8月 2015
7月 2015
6月 2015
5月 2015
4月 2015
3月 2015
2月 2015
1月 2015
12月 2014
11月 2014
10月 2014
9月 2014
8月 2014
7月 2014
6月 2014
5月 2014
4月 2014
3月 2014
2月 2014
1月 2014
12月 2013
11月 2013
10月 2013
9月 2013
8月 2013
7月 2013
6月 2013
5月 2013
4月 2013
3月 2013
2月 2013
1月 2013
12月 2012
11月 2012
10月 2012
9月 2012
8月 2012
7月 2012
6月 2012
5月 2012
4月 2012
3月 2012
2月 2012
1月 2012
12月 2011
11月 2011
10月 2011
9月 2011
8月 2011
7月 2011
6月 2011
5月 2011
4月 2011
3月 2011
2月 2011

検索エンジンの供給元:

今日の施術室

臀部痛

痛みの部位が変わる

横っ腹伸ばしで倒した方の骨盤に痛みがあるという方。

スーパースティック療法での施術で動作をして痛みはスッキリ取れたといいます。

ところが、今度は反ると腰が痛いという症状が現れました。

施術により、

反らせての痛みも解消。

すると今度は、軽トラックの運転の姿勢や、

食事での腰掛の姿勢でやや前かがみになると腰が痛いということでした。

そもそも、側屈での骨盤の痛みと

全て関連があり、

一番痛む部位が消えると、次のいたむ部位が浮き出てくるといった感じでした。

腰から背中にかけての幅広い筋肉群の痛点が改善しますと、

腰掛の姿勢での痛みも解消いたしました。

次々と悪くなるのではなく、

もともとの原因部位があるための結果なのです。

当院では、

痛みやコリ、シビレ等の不快な症状に対して、

原因を突き止め素早く解消いたします。

痛み・コリ・シビレ等の不快な症状でお悩みの方、

お気軽にご相談ください。

歩行時に臀部痛

歩いていると、臀部に痛みを感じる女性。
反対側のひざが悪いため、
日頃からかばって歩いていたのがバランスを崩した原因でしょう。
「骨でも悪いといけない」と病院でレントゲン検査をしたそうですが、
「骨は異常なし」といわれたそうです。
「もう歳だからうまく付き合うしかない」といわれたとか・・・
骨に異常がなし、これ以上やりようがないと聞こえます。
それで諦めろということでしょうか・・・
「そう云われただぞん!」
と笑っておられましたが、あきれ顔。

お尻の中央(梨状筋)あたりに強い圧痛がありますので
間違いなく筋痛です。

スーパースティック・ラウンドで「すりすり」刺激、
圧痛点にはシャープで局所刺激。
その後、動かしていただきますと、
「あっ!痛く無い!」
歩いても痛みは再現しませんでした。

反対のひざ周囲も施術して終了。
「徹底的に治す」という意思をお持ちの方で、
しばらく継続して施術したといいます。

こういう方は加速的に改善すると思います。

臀部痛(側屈時)

体操をして側屈すると、右側の臀部に痛みが出るという男性。

最近は、立って歯磨きしていても痛くなってくるといいます。

腰、臀部、大腿部に圧痛点が多数存在していました。

当院のスーパースティック療法は

動作をしながら確認と見極めをしますので、

即、痛む動作をして施術後に痛みが出るかどうかを確認できます。

この方は立っていて症状が出ますので立位の状態で施術。

右屈すると右臀部に痛みがでます。

施術後は右屈してもほとんど気にならないレベルまで改善。

立っていても平気ということでした。

そして歩き始め、玄関を出る際も、

「うん!楽だわ!!」というご感想でした。

無理な姿勢を続けた結果

夕方になると臀部が痛くなり、
足首の上の脛がしびれるという女性。
臀部は大殿筋にトリガーポイントが点在し、
圧痛点には、スーパースティック・ラウンドですりすり、
シャープにて圧痛点にプッシュで施術いたしました。
脛のシビレも、第4趾のラインをけん引。
脛のトリガーポイントの施術で
症状は軽減いたしました。
Oさん「とても動きやすくなりました!!」
との感想を頂きました。

腰痛、臀部痛

介護の職員さん。
中腰が多く腰痛、臀部痛の不調でお越しになりました。
左の腰から臀部にかけて痛むというのと、両ふくらはぎが痛みと疲れだといいます。
座位で背中から腰のトリガーポイントを中心に施術をさせて頂きました。
ふくらはぎはベットですりすり療法、全身調整を行います。
Oさん「あ~軽くなった!!」とお喜びでした。
スーパースティックでの施術後は、腰、臀部の痛みが緩和。
ふくらはぎも軽くなられたということでした。
同じ動作の続くお仕事ですから、
蓄積しすぎないようにお越しください。

臀部に痛み、太ももにしびれ

数日前に、何をしたわけではないのに右の臀部に痛み、太ももにしびれが出たという女性。

お調べしますと、右腎臓系トラブルが検出。

背中、臀部に圧痛点がいくつもありました。

痛みが出るもっと以前に兆候が出ていたと思いますが、

何となく過ごしてしまうのでしょう。

施術は、スーパースティックによる軸調整、

フリクションとスパニング(摩擦刺激)をいれ、

痛点にプッシュし、トリガーポイントをちらします。

施術後は背中も、腰も軽くなられた様子。

臀部から脛、くるぶしに痛み

臀部から脛、くるぶしに痛みがあるという方。特に朝起きてから、第一歩のときのくるぶしの痛みが強烈らしい。
病院では「椎間板ヘルニア」といわれ強いお薬を頂いているといいます。
筋肉を調べると、圧痛点がいくつもあり、強い痛みとなっていた。
ヘルニアが神経を圧迫しているから痛むのではなく!
臀部や脛のトリガーポイントが痛みの発信源。
「薬を飲んでいても効いている気がしません」とのこと。
トリガーポイントをスーパースティックで施術していくとくるぶしの痛みが消失。

テニスボールでもラップの芯でも何でもよいので日頃も脛のトリガーポイントを解すように勧める。
これをやるとやらないとでは治りの時間にずいぶんと差が出る。

腰が伸ばせないくらい固まる

一日6時間ほど畑作業をされている80代女性。
作業をした日は腰が伸ばせないくらい固まるといいます。
午前中の早い時間に出て、昼に帰り、夕方になるとまた仕事をするそうです。
最近は梅雨時なので、雨が降り、休んだ日は腰が楽だそうですが、
じっとしていられない性分だそうで、仕事をしだすときりがいいところまでやり過ぎてしまうといいます。
「腰が伸びんよ~」と
そんな伸ばせなくなった腰をみせに来てくださいます。
ひざ関節なども拘縮しているので、さらに腰への負担は大きいようですが
施術後は伸ばしやすくなり、またそのまま畑に直行するご様子。
最近ではスーパースティックで施術しますと、以前よりさらに楽なようで、
Kさん「腰がすっと伸ばせて楽だ!これがずっと続けばいい」
とおっしゃいます。
しかし、6時間も仕事ができる身体ってすごいことだと思います。
私なんかせいぜい2時間も作業をすれば一日ダウンですから・・・
あまりご無理をなさらずお仕事してくださいね。

腰、臀部の痛み

前かがみの姿勢が続き、腰に違和感を感じだしたら
翌日は足を挙げるにも大変なくらい腰、臀部の痛みだったというかた。
病院で診てもらい、骨の異常はないとか。
こういう症状はほぼ筋肉が問題ですが、骨や神経の異常にされるケースもあります。

時間とともに動きは広がってきましたが、痛みが残っているといいます。
起立筋群、腰方形筋、大殿筋、中殿筋等特に圧痛部位に
スーパースティックで施術いたしました。
施術後の動作では
Fさん「おっ痛みがない!楽になった!!」
と、実感していただきました。

食事は座って食べられるようになりました!

昨日ご紹介した症例の方。


土曜に1回目の施術を受け、


その日から、まず睡眠がよく取れるようになり、

食事は座って食べられるようになり、

痛み止めもシップもやめたといいうます。

散歩も30分ほど平気にできるようになったそうです。


今までは、散歩していると身体を右に傾けていないと歩けなく、

長く歩けない状態だったそうです。


今回の調整施術で痛みはほぼなくなり、

太腿の前面にやや違和感が残る程度となりました。


後、一息だと思われます。

腰痛、臀部痛、股関節痛、大腿部痛

ご紹介でお越しの女性。


腰痛、臀部痛、股関節痛、大腿部痛が2週間ほど続くそうです。


最初は病院で見てもらい、痛み止めで治ると言われ飲んでいましたが


まったく痛みは変わらず、長く座れないため食事は立って食べたと言います。


知り合いの方が当院で腰がよくなったと聞きこられました。

坐骨の耐用時間が短く、臀部の筋肉がこりこりでした。

仰向きで寝る、寝返りを打つ、布団から起き上がる等も痛むとのことでしたが、

施術を始めてすぐに動作が平気になられ、

数分後には座位もほぼ痛みなくできるようになりました。

数回続ければ改善されるでしょう。

臀部痛

連休中にお寺巡りの旅に行く予定という女性。
左臀部の痛みで歩けるか不安だといいます。
畑仕事や草刈り作業をしたせいなのか?といわれましたが、
原因は心臓系の脈管トラブルでした。
左半身の筋肉のトラブルがあり、血液循環が追い付かず
臀筋に攣りが起きた様子。
調整施術で動かしやすくなられました。
Wさん「これなら行ってこれるで嬉しい」とのこと。
どうぞお気をつけて!

ギックリ腰を起こすまでの過程

腰痛の限界で仕事をお休みになられた男性。

Mさん「もう、立っているだけでも腰がつらいです」
とのこと。

慢性的な腰痛があり、今回は軽い荷物をもっただけでギックリ腰のような状態になってしまった。

しかしこの方の場合、荷物を持ち上げたことが腰痛の原因ではありませんでした。

今までの蓄積の限界値を超えたタイミングが荷物を持ったときというだけで、

こういうタイミングは歯磨きだって、洗面だって、くしゃみだって起こしますね。

脳反射スキャニングテストで調べますと、

坐骨の耐用度が低い、坐骨、仙骨、腰椎にも異常が出ます。

この方の場合は腰痛は必至でした。

調整施術を行い、圧痛点をすべて解消。

立ち上がっていただき、動かしていただきました。

Mさん「ぜんぜん、痛くないです!!」

最初はこわごわした動作でしたが、動かせることがわかり姿勢も良くなられました。

原因が除去されたら結果が変わります。

慢性的な痛みお悩みの方はご相談ください。

腎臓系の異常反応(腰痛)

病院で入院中のお父様に付き添い、


狭いベットで寝ているせいか


腰痛ということでお越しの女性。



左仙腸関節付近から臀部にかけて歩くだけで痛むということでした。


この方の情報をみますと、腎臓系の異常反応、腰仙関節のズレ、軸に不具合がありました。


これらを調整施術(約10秒)したのち歩いての確認では


Iさん「さっきは歩くだけで痛みがありましたが、今はほとんど感じません!」



さらにうつぶせに寝ていただき、圧痛を探すと腰方形筋にダメージ。


調整施術を3度繰り返しますと、


Iさん「押さえられても痛まなくなりました」


ということで終了。


Iさん「今日ダメもとでお電話してよかった!本当に助かりました!」


とのこと、調子が悪い時はいつでもおっしゃって下さいね。

右腰痛・臀部痛


お茶の樹の剪定をして以来、腰痛になってしまった男性。
1週間経っても治る気配がないということでご来院。
Sさん、
「もう1週間くらいなるだが、痛みが取れない。こうやると(前屈)特に痛くてこの辺(お尻)まで痛くなる。」
とのことでした。
この方からの痛みの原因を情報キャッチテストをすると、
筋肉等の組織から老廃物、緊張成分の排出がうまくいかない。
その他にも痛みに関与する原因が出てきました。
これらをもとに調整施術を行いますと、
Sさん「立つときがうんと楽にできる!腰が痛く無い」
という感想でした。
ほとんど筋肉には押したり、強い刺激を与えることはしませんが、
短時間のうちに「痛く無い」という状態にまで改善いたしました。
原因が消えれば結果が変わります。