今日の施術室
いとうカイロ療術院 - ★★★痛み・こり・シビレ消痛療法★★★
RSS フォローする ファンになる

最新記事

外踝の痛み
巻き爪の痛みから生還
ひじ・腕の痛み
仙腸関節・大腿部違和感
お尻から脛に痛みがある

カテゴリー

Newバイブレーション
O脚調整
PU療法
ST療法
WB療法
WRIST GRIPコード
Y・FREEDOMコード(療法)
Y-PFCコード(療法)
アキレス腱痛
アレルギー
アンチ・エイジング
ウエスト引き締め
うつ症状
お知らせ
ギックリ腰
グルメ
シビレ
スーパースティック療法
スポーツでの故障
スポーツ後のケア
トラウマ・PTSD
トリガーポイント
バイブレーションCHAR
バイブレーションコード
ひざの痛み
ひざ関節痛
ひじ痛
ふくらはぎの痛み
プログラム調整
ペットヒーリング
むくみ
むちうち
めまい ふらつき
メンタルヘルス
ゆらぎ改善療法
上半身の症状
下半身の症状
不安感
不定愁訴
不眠
中心軸合わせ
乗り物酔い
五十肩
便秘
全身疲労
全身骨格調整
内臓下垂調整
口の中のトラブル
口腔関連
咽喉の痛み
喜びの声
嚥下障害
回復力
坐骨・脊柱のパワー不足
坐骨の耐用プログラム
坐骨神経痛
大腿部痛
太長寿
姿勢
怠い
息苦しさ、胸の不快感
成長痛
手関節の痛み
押圧療法
指関節痛
整体
整体メンテナンス
整体職人≪匠の技≫
日常
日頃のケア
椎間板ヘルニア
歯肉炎・歯痛
波動エネルギー
波動グッズ
波動整体カウンセリング
波動整体療法
波動調整
浮き・沈み
産前産後の腰痛
異常感覚
痛み改善・原因除去整体
目の疲れ
知覚過敏
硬膜・筋膜・骨膜・腹膜調
社会不安障害
筋肉が攣る
絶対重心療法
美容系波動グッズ
耳の聞こえが悪い
肋骨、脇の痛み
肌のトラブル
股関節痛
肩こり
肩の痛み
肩甲骨周囲の症状
肩関節痛
胃痛
背中の痛み
脇腹痛
脈管系トラブル
脊柱管狭窄症
脚が上がらない
脚のツッパリ
脚の痛み
脛の痛み
脳・神経エネルギー系
腕が上がらない
腕の痛み
腰痛
腱鞘炎
腹痛
膨満感
臀部痛
自律神経バランス療法
自律神経系
臭い(嗅覚)
講習会
足の甲の痛み
足の痛み
足底痛
足首の捻挫の痛み
踝の痛み
軸調整
遠隔療法
重力バランス
重心の浮き沈み現象
関節のこわばり
関節リウマチの痛み
関節痛
霊媒体質
頭が重い
頭痛
額関節痛
顔面・小顔・顎関節調整
顔面調整
食欲不振
首こり
首の痛み
骨折後の痛み
骨盤調整

アーカイブ

1月 2019
12月 2018
11月 2018
10月 2018
9月 2018
8月 2018
7月 2018
6月 2018
5月 2018
4月 2018
3月 2018
2月 2018
1月 2018
12月 2017
11月 2017
10月 2017
9月 2017
8月 2017
7月 2017
6月 2017
5月 2017
4月 2017
3月 2017
2月 2017
1月 2017
12月 2016
11月 2016
10月 2016
9月 2016
8月 2016
7月 2016
6月 2016
5月 2016
4月 2016
3月 2016
2月 2016
1月 2016
12月 2015
11月 2015
10月 2015
9月 2015
8月 2015
7月 2015
6月 2015
5月 2015
4月 2015
3月 2015
2月 2015
1月 2015
12月 2014
11月 2014
10月 2014
9月 2014
8月 2014
7月 2014
6月 2014
5月 2014
4月 2014
3月 2014
2月 2014
1月 2014
12月 2013
11月 2013
10月 2013
9月 2013
8月 2013
7月 2013
6月 2013
5月 2013
4月 2013
3月 2013
2月 2013
1月 2013
12月 2012
11月 2012
10月 2012
9月 2012
8月 2012
7月 2012
6月 2012
5月 2012
4月 2012
3月 2012
2月 2012
1月 2012
12月 2011
11月 2011
10月 2011
9月 2011
8月 2011
7月 2011
6月 2011
5月 2011
4月 2011
3月 2011
2月 2011

検索エンジンの供給元:

今日の施術室

重心の浮き沈み現象

沈み状態

眠りが浅く、

食欲が落ち、

気分が落ち込んでいる様子。

脳反射検査で調べますと

「胎児期、幼児期のトラウマ」がでます。

「認めて欲しい」という想念が強く出ています。

今回のこの状態になったきっかけをお聞きしますと

「否定された・・・」とのこと。

「否定」のショックは過去のつらい記憶をフラッシュバックしたのでしょう。


この方の「浮き・沈み」レベルを検査しますと

沈みレベル4。


さらに左肺の軸のズレを検出。

「呼吸がし辛くありませんか?」

「肺の機能が悪いと病院でも言われました」

とのこと。

また眠りの浅いのはこのためでしょう。


施術は、

沈みレベルを±0へ移動します。

軸修正をし、

全身の緊張、こりをスーパースティック調整しますと、

「頭や体がとても軽く感じます」

とのこと。

「背中がこんなに凝っていたなんて思いませんでした」

とのこと。

緊張して知らぬ間に力が抜けなくなっていたのでしょうね。


よい状態に持ち上がるといいですね。

重心の沈みレベル2

宅配の仕事を引退するために、次の人に引き継ぎをした際、いわゆる馬が合わない人間関係でとにかく我慢の引継ぎ数日間だったいい、

ストレスで疲労が取れない、お祭りに出かけるも楽しくない、なんだかやる気も起きない、という症状でお見えになった。

この方の状態を見ていくと、重心が「沈み」のレベル2にあった。

重心を正常に戻し、全身をチェックしながら調整していくと

「頭から重さがスーッと消えていった!」

「足がとても軽く感じる!」

「気持ちが楽になりました。来てよかった」

と笑顔が戻りありがたい感想を頂いた。


不定愁訴

今朝早く電話がありました。

だいたい早いうちか深夜の電話は「いい知らせ」ではなく「悪い知らせ」の方が多いのでベルが鳴るとびっくりしますが、今朝のはその予感も外れました。

昨日施術をさせていただいた方からで、

「今日は朝からとても身体が楽でうれしくて、それを早く伝えたくて早かったが電話してお礼を言いたかった」

のだという。

昨日お越しの方は、おなかが張る、だるい、いつも調子が悪い、マイナス思考、といった『不定愁訴』といった状態でした。

重心の浮き、沈みで見ていくと、「沈みの3段階」の状態で(10段階中)

地球上に人類が存在する以上まのがれることのできない現象だといえますが、

ときにその状態が長く続いていると様々な変調が現れるのです。

これを修正するのにそのプログラムをブレスに転写してお渡ししました。

装着した瞬間から沈みが0になられました。

実感として、足取りが軽やか、気分が楽、といったものですが、一晩寝て翌朝がいつもと違うという所が大きかったようです。

1週間続いた船酔い状態

1週間ほど前から、ふらつき(めまい)が治らない方。

海外旅行中、船に乗りそれ以来ずっと船酔い状態だといいます。

このままでは仕事に差し障るので何とかしたい!と駆け込みでみえました。

病院では、ストレス、疲労とのことで薬をもらうも全く変化しない。

鍼治療院では、肩こりといわれ治療を受けたが変化なし。

自覚は、船酔いのようなふらつき感のみで

特にストレスや疲労感も感じていないし、肩こりも自覚はないということでした。

この方の情報をみる前に、

重心の浮き・沈みという現象をみると

重心の「浮き」という状態にありました。

ちなみに地面を歩くとき、着地した足が、地上より上を歩くような感覚なので

非常に軽く歩いているようにみえますが、まさに浮いた状態なのです。

浮き・沈みは土地などの影響で変化したりもしますが、戻らなくなったとき様々な症状が現れるようです。

まず「浮き」状態を正常化しますと歩く感じが変わったとご本人の実感。

「地に足がついている感覚です」とのこと。

これで正確にこの方の情報を読むことができるのでみていくと。

バランス軸のズレがあり、心臓系の脈管機能のトラブルがありました。

心臓をタッチした状態で歩いてもらうと、ふらつき感がマックス10とすると、5になるということでした。

明らかに「脳」の反応が体に現れていました。

正常になる方向へ軸調整をしますとほぼふらつきは消失。

若干残っているとのことでしたが、1週間続いたふらつきがたった数分のうちにマックス10だった症状が1~2に減少したのでご本人は驚かれていました。

1日2回、自己調整をすることで軸は正常値に定着すると情報が読めたので調整法をお伝えしました。

重心調整で便秘解消

便秘を見てほしいというご家族の依頼で来院された方。

数日前から腹痛で病院に数回行くもパーキンソン病の方はなりやすい?

といわれ、下剤などを投薬され帰宅、ところが出る気配がないとのことで

何とかならないかと連れて見えた。

まず重心の「沈み」という状態にあり、それを調整したのち、バランス軸を調整。

全身の伝達回復のための流れの調整をして終了した。

その後ご家族からの連絡で帰宅後、排便があったと。

大変喜んでおられました。

浮きの状態を正常に

毎月定期的にメンテナンス整体を受けにみえる女性。

先週京都の方に旅行に行ってこられたそうです。

ものすごい人だったそうで、その疲労がたまっているとのことでした。

ただ今回いつも少し様子が違うと感じました。

ベットに横になり、調整が始まりますとほぼ3分以内に寝息を立てる方ですが、今回はずっとおしゃべりしっぱなし・・・

そこで「浮き・沈み」のレベルを調べてみますと「浮き」の状態でした。

正常にすると話が途切れたところからすぐいつもの寝息に変わりました。

せっかくリラックスしに来ているのにしゃべり続けていたのでは疲労が取れません。

60分の調整が終わると、「良く寝た感じ!身体がポカポカ!」

ということでした。

重心の沈み

仕事のことでお悩みの方。

決断ができず、迷いばかりで、マイナスなことばかり考えてしまいます。

この方の重心を調べると「沈み」の状態でした。

・沈むことで起る変調

被害妄想になる・楽しいことをしているのに楽しそうでない・約束を守れなくなる・仕事に手がつかなくなる・注意力が散漫になる・自殺願望・すぐ落ち込む・すぐに死にたいと言うようになる・引きこもりがちになる・疲れが取れない・だるい・気分が落ち込む・いらいらする

寒気がする・力が入らない・身体が重い・疲れやすい・平衡感覚がなくなる・下半身がだるい・耳が詰まる・お腹が張る・食欲がなくなる・おりものが増える・下半身が浮腫む

このような症状、状態のほかにも重心の浮き、沈みが起こると歩き方に変化が起こります。

波動調整後は正常に戻り、迷いがなくなったそうです。

「気持ちがすっきりしました。決心がつきました。今日来てよかったです!」

ということでした。