今日の施術室
いとうカイロ療術院 - ★★★痛み・こり・シビレ消痛療法★★★
RSS フォローする ファンになる

最新記事

見放された大腿部痛が完治
仙腸関節のつまり感
ひざ裏のツッパリ
両肩関節痛で挙上困難!
すべり症の手術回避

カテゴリー

Newバイブレーション
O脚調整
PU療法
ST療法
WB療法
WRIST GRIPコード
Y・FREEDOMコード(療法)
Y-PFCコード(療法)
アキレス腱痛
アレルギー
アンチ・エイジング
ウエスト引き締め
うつ症状
お知らせ
ギックリ腰
グルメ
シビレ
スーパースティック療法
スポーツでの故障
スポーツ後のケア
トラウマ・PTSD
トリガーポイント
バイブレーションCHAR
バイブレーションコード
ひざの痛み
ひざ関節痛
ひじ痛
ふくらはぎの痛み
プログラム調整
ペットヒーリング
むくみ
むちうち
めまい ふらつき
メンタルヘルス
ゆらぎ改善療法
上半身の症状
下半身の症状
不安感
不定愁訴
不眠
中心軸合わせ
乗り物酔い
五十肩
便秘
全身疲労
全身骨格調整
内臓下垂調整
口の中のトラブル
口腔関連
咽喉の痛み
喜びの声
嚥下障害
回復力
坐骨・脊柱のパワー不足
坐骨の耐用プログラム
坐骨神経痛
大腿部痛
太長寿
姿勢
息苦しさ、胸の不快感
成長痛
手関節の痛み
押圧療法
指関節痛
整体
整体メンテナンス
整体職人≪匠の技≫
日常
日頃のケア
椎間板ヘルニア
歯肉炎・歯痛
波動エネルギー
波動グッズ
波動整体カウンセリング
波動整体療法
波動調整
浮き・沈み
産前産後の腰痛
異常感覚
痛み改善・原因除去整体
目の疲れ
知覚過敏
硬膜・筋膜・骨膜・腹膜調
社会不安障害
筋肉が攣る
絶対重心療法
美容系波動グッズ
耳の聞こえが悪い
肋骨、脇の痛み
肌のトラブル
股関節痛
肩こり
肩の痛み
肩甲骨周囲の症状
肩関節痛
胃痛
背中の痛み
脇腹痛
脈管系トラブル
脊柱管狭窄症
脚が上がらない
脚のツッパリ
脚の痛み
脛の痛み
脳・神経エネルギー系
腕が上がらない
腕の痛み
腰痛
腱鞘炎
腹痛
膨満感
臀部痛
自律神経バランス療法
自律神経系
臭い(嗅覚)
講習会
足の甲の痛み
足の痛み
足底痛
足首の捻挫の痛み
踝の痛み
軸調整
遠隔療法
重力バランス
重心の浮き沈み現象
関節のこわばり
関節リウマチの痛み
関節痛
霊媒体質
頭が重い
頭痛
額関節痛
顔面・小顔・顎関節調整
顔面調整
食欲不振
首こり
首の痛み
骨折後の痛み
骨盤調整

アーカイブ

1月 2019
12月 2018
11月 2018
10月 2018
9月 2018
8月 2018
7月 2018
6月 2018
5月 2018
4月 2018
3月 2018
2月 2018
1月 2018
12月 2017
11月 2017
10月 2017
9月 2017
8月 2017
7月 2017
6月 2017
5月 2017
4月 2017
3月 2017
2月 2017
1月 2017
12月 2016
11月 2016
10月 2016
9月 2016
8月 2016
7月 2016
6月 2016
5月 2016
4月 2016
3月 2016
2月 2016
1月 2016
12月 2015
11月 2015
10月 2015
9月 2015
8月 2015
7月 2015
6月 2015
5月 2015
4月 2015
3月 2015
2月 2015
1月 2015
12月 2014
11月 2014
10月 2014
9月 2014
8月 2014
7月 2014
6月 2014
5月 2014
4月 2014
3月 2014
2月 2014
1月 2014
12月 2013
11月 2013
10月 2013
9月 2013
8月 2013
7月 2013
6月 2013
5月 2013
4月 2013
3月 2013
2月 2013
1月 2013
12月 2012
11月 2012
10月 2012
9月 2012
8月 2012
7月 2012
6月 2012
5月 2012
4月 2012
3月 2012
2月 2012
1月 2012
12月 2011
11月 2011
10月 2011
9月 2011
8月 2011
7月 2011
6月 2011
5月 2011
4月 2011
3月 2011
2月 2011

検索エンジンの供給元:

今日の施術室

関節痛

指の動きが悪い、痛い

定期的に来院されている方。
介護のお仕事をされているため、日頃の疲れやコリ、痛みを解消したいと
ご自身のお身体のお手入れも入念である。
今回は両手で提げることが多いということで、やや指の腱鞘炎気味。
全身施術の後、前腕から指の施術を行う。
施術前は伸ばしたり閉じたりする動作で指の関節のこわばり、痛みなど感じていたが
施術後は楽になったということだった。
こうして定期的にお見せいただくと、その方の状態がつかめ、
施術の運びもスムーズで改善度合いもよくわかる。

未病を防ぐには、日頃の心身のお手入れが重要です。

ひじ周辺の痛み

肘を曲げ、頭にもっていくときに腕(ひじのあたり)が痛むという方。
ゲートボールをしているときには痛みは気にならないといいます。
しかし、家でテレビを見ていたり、家事をしているときに痛みがあるということでした。

波動整体療法による、ひじ関節の瞬間調整をし、腕のダメージを浄化にしたうえで、ストレス解放を行うと、ひじの痛みは消えてしまった。

施術後は「気持ちがいい!!」「スッキリした!!」ということで大変喜んでいただきました。

肩、ひざ、腰の痛み

左肩関節の痛みで腕が90度以上、挙げると痛む、

腰の痛み、ひざ裏の痛みでお越しの方。

まずは左肩関節、指先で少し押さえても「そこが痛い!」という反応。

患部は押さえず、痛いことをしないで摩る程度に肩から腕全体を施術。

次に動かしていただくと、痛むことなく上まで挙げられるまでになる。

ひざ裏も、腰も同様に動作としては摩る程度の施術を数分間。

施術後、動作をしていただくと

「肩は痛く無い!、アッ腰も、ひざも痛まない!」

というような具合で終了。


ひざ関節の痛み

ひざの痛みでお越しの方。

遠方の方でしたが「藁をもすがる思い」とのことで来院くださいました。

仕事中に傷め、歩くことも困難なほど痛みが激しくなったということで

整形外科を受診。

半月板損傷とのことで手術を勧められて不安だということでした。

最初はしゃがむのもつらい状態でした。

この方の情報を読み取りますと

心臓系の脈管機能のトラブルで立位のバランス軸のズレがありました。

軸調整をし、ひざ周囲と臀部の筋肉調整を行うと、

しゃがむ動作が楽にできるようになりました。

ご本人も驚かれた様子でした。

「まだまだ仕事を続けたいので何とかよくしたい!!」

というお気持ちが良い結果につながると思います。

手首・ひざの痛み

両手首、両ひざの痛みの方。

手首はものをさげるときに痛みを感じます。

中指はばね指もあります。

ひざ関節は右が特に痛み、しゃがむ、立つときに痛むそうです。

リンパセラピーがよいといわれ行っていたそうですが、施術後痛みが増すためにやめたといいます。

この方の場合、リンパというより、全体のバランスから調整しないと対症療法的な方法では無理だと思います。

施術していきますとばね指の指はかなり曲げられる状態に戻りました。

手首はひじ関節付近の過緊張を解放することで痛みが緩和されました。

ひざ関節も同様に、立ちしゃがみをしても楽だということでした。

自己調整をしながら来週まで様子を見ることになりました。

ひざ関節痛

半月ほど前からひざ関節の痛みが出たという方。

以前にも同じ側のひざが痛くなり、

そのときは整形外科で注射をつづけ、針きゅう院にも通ったそうですが芳しくなかったそうです。

そのためどこかないか探していたら、今回の広告をみられお越しくださいました。

この方の情報を読み取りますと、

ひざ関節に問題はなく、軸のズレでバランスが悪くなっておられました。

そのためひざと同じ側の肩もコリがありました。

半月の間に関節周囲のこわばりもありましたので、筋肉調整を入れながら軸の修正をしますと、まずベッド上でひざの曲げ伸ばしが痛みなくでき、

歩くのもサポーターなしでサッサと動けるようになられました。

「家ではこんな動かし方はできませんでした。こんなことならもっと早く来ればよかった!!」

といわれておられました。

数回継続すれば、動きにも自信がついてくると思われます。

定期施療を受けることは

毎週定期的に通院されている80代の方。

最初はひざ痛で、脚を引きずりながらの歩行でしたが、

このところは歩きだしに少し痛むだけで、歩きだせば普通に歩行ができるようになられました。

臀部の痛みも、農作業で疲れると出てきますが

仕事をしておられるので、全く「ゼロ」というわけにはいきませんが

良い時間が増え、楽になっていると実感されておられました。


症状も年齢や環境など様々な影響があります。

いい時間を増やし、気分的にも楽なことが大切です。

ひざの痛みは心臓系トラブル

右ひざ関節の痛みという方。

1年ほど前にも同様の症状でみえたことがあり、2回の施術で痛みとは無縁の生活を送られていたそうです。

このところ同じ部分で痛みを感じたということでお越しくださいました。

この方の情報を読み取りますと

心臓系の脈管機能のトラブルで、立位のバランスのズレでした。

調整しますと痛みを感じることなく歩けましたが、さらに読み取ると、右足立方骨が本元のようで、そこの部分も調整しますと

「全く痛みません」

ということでした。

関係筋肉を調べながら調整して終了いたしました。

1か月続いたひざ痛が2回の施術で改善

3日前にひざ関節の痛みでお越しの方。

1か月前に一日中草刈りをした翌日からひざが痛みだしたそうです。

整形外科ではレントゲンでは軟骨のすり減りからくる痛みといわれ、ヒアルロン酸の注射に通ったそうです。

ひざには内側外側に金属の支えが入った頑固なサポーターをしていました。

座るにもひざを伸ばしたままでまるで骨折したような動作でした。

夜間もひざを伸ばしたり、曲げたりする動作で痛むため、何度も起きるということでした。

何回も病院に通っているのに痛みが変わらないということで知り合いの紹介で当院にみえました。

この人の情報を読み取りますと

心臓系の脈管機能のトラブルが原因でした。

ひざには問題なし。

心臓にタッチして歩いてもらうとひざの痛みが少ないといいます。

バランス軸の調整をして、サポーターで硬くなった筋肉を調整。

とにかくひざを曲げないように生活されていたため、あちこちにトリガーがありました。

痛くなる理由を知り、今までしていたことは真逆なことだと分かり納得された様子でした。

お帰りの際はサポーターを外して歩いて行かれました。

そして本日、田口での出張施療にお越しくださりました。

あの日(施術した日)は痛みが全くなく朝まで起きずに寝ることができたそうで、

「こりゃ調子がいいぞ!」となり

翌日、また一日中草刈をしたそうです。

すると今朝また痛みが出たそうですが、歩きっぷりは前回の比ではありませんでした。

軸合わせをして、筋肉調整をすること15分、びっこを引かずにすたすた歩けるようになられ、

何度も部屋の中を歩いてもらいましたが全く痛みは出てこないということでした。

楽になるとすぐ元のように働き過ぎてしまうのでその辺を注意していただくようにいたしました。

今までしていたサポーターはつけているとズキズキ痛みがでるそうで、

それでも言いつけ通り、ひざを曲げず、ヒアルロン酸を打ち続けていたら

関節は拘縮し、やがては手術だったと思います。

ナンコツのすり減りや骨の変形で痛みは出ません。

そのうえひざを曲げず、かばいすぎることでどんどん悪化します。

ギュイーンギュイーンと草刈りを立ったまま、踏ん張りながら作業することで大腿部の内側広筋などに疲労が出てきます。

バランス軸が悪いため痛みが出安い状態になっています。

結果的に負担のかかった膝の上の筋肉がこわばり、ひざが痛みだした。

医者に行くとレントゲンを撮り骨をみるが、骨折はない。

やや間隔が狭いのでナンコツのすり減りということで処置。

その後、固定、ヒアルロン酸、痛みどめ、安静・・・

これで回復するわけがない。

早く良くなるかどうかの分かれ道は?

手術ともなれば人生すら変わってしまいますね。

肩関節痛は心臓系の脈管機能のトラブル

肩関節痛という方。

2~3か月前に運動中に傷めたといいます。(バレーボール)

以後、大きく動かすと痛む、サーブが打てない、寝返りで目が覚める等の状態が続いているということでした。

この方の情報を読み取りますと、

心臓系の脈管機能のトラブルで、

心臓にタッチして肩を動かしていただくと痛みが和らぎます。

さらに読み取りバランス軸修正方向に体を傾け、さらに心臓にタッチしながら肩を上げていただくと

「だいぶいいです!!」

ということでした。

軸合わせを調整して、さらに2か所ほど調整ポイントを刺激すますと

「かなりいいです!!」

ということでした。

自分でも調整する方法をご指導させていただき様子を見ることになりました。

ふらつき、肩こりは心臓系トラブル

肩こり、関節の痛み、ふらつきという方。

肩にはエレキバンやシップを張って紛らしていたそうですが不快感が取れないということでお越しになられました。

この方の情報を読み取りました。

ふらつき、肩のコリは同じ原因で、心臓血管系の脈管機能のトラブルがわかりました。

方の筋肉自体が原因ではないので、いくらシップやエレキバンを張り付けても緩和すらしなかったのです。

軸合わせは右15度後方で調整しますと、首、肩の筋肉が正常な柔らかさに復元。

その後は整体メンテナンスで全身優しく解していきました。

調整後は、

「これでお盆が来ても、お客さんの相手ができそうです」

とのことで喜ばれておられました。

両肩・ひざ関節痛


両肩、両膝関節の痛みの方。

しばらくこの症状が続いているそうです。

この方の情報を読み取りますと、

バランス軸のズレ。

身体を右20度後方に傾けると、両肩ひざとも楽になりました。

調整後はすぐ痛みを感じずに肩を動かせました。

ひざは筋が張る感じが残るということで

筋膜調整。

腓腹筋がかなりこわばっていました。

これが解消しますと、ひざもどんなに曲げてもいたくありませんでした。

この方、周囲からひざ関節は筋肉を鍛えないといけない。といわれたそうです。

しかしそれよりもまえに筋肉をほぐす、和らげる、ことをしなければ

帰って傷める基になりかねません。

腰痛・股関節痛は腎臓が原因


右股関節を開脚していくと痛むという方。

ヨガをしていてもうまく開かないときがあるといいます。

この方の情報を読み取りますと左腎臓の脈管機能のトラブルがあり、

左腎臓部にタッチすると股関節の開脚が楽になりました。

さらに腰痛もあり特に左の筋肉は緊張が強い状態でした。

バランス軸を修正し、

トリガー整体も並行して行いました。

数日後に旅行に出かけるため、股関節が痛むのでは心配ということでした。

2回目の施術にみえたとき入ってこられすぐ、

「腰の痛みがうそのように消えてしましました!!」

「股関節もほとんど気にならなくなりました」

とのことでした。

開脚した限界時に鼠蹊部にやや痛みがありましたが、調整後はそれも消えて動しても平気になりました。

ひざ痛と歯茎の痛みは軸のズレ


ひざの痛み、身体のこわばり、歯茎の浮き、痛みという方。

この方の情報を読み取りますと、心臓系の脈管機能のトラブルがありました。

身体のこわばりは、暑い中での畑作業での疲労と循環が悪いために起きた症状でした。

心臓部にタッチして、ひざを動かすと痛むことなく動かすことができました。

このトラブルを良くするポイントを探ると、立位の軸を右15度後方に刺激すればよいと出ます。

腕にブレスを着けておられましたので、それに情報をインプットしました。

それを持っていただくと、ひざの痛み、歯茎の浮き、痛みが消失。

「ごはんを食べるとき、硬く感じてお嫁さんにいつもと炊き方を変えたか?」ときいたそうです。

しかしこの方の歯茎が浮いて、痛みがあるために感じていた症状でした。

「今は歯茎の浮いた感じや痛みが消えた」

と驚いておられました。

カイロで治らなかったひざ痛

ひざ痛、肩、腰、臀部痛でお越しの方。

当院にお越しになる前は他でカイロプラクティックをしばらくの間受けていたそうです。

しかし通い続けても、ひざの痛みは変わらず、そのうち枕やサプリ、マットレスなどの購入を勧められ

「ん???」

と違和感があったそうです。

「少しも良くならないのに、そのうえなにかを買わされたんじゃかなわない」

といっておられました。

この方の情報を読み取りますと、

バランス軸立位のズレ、心臓系の脈管機能のトラブルが関係していました。

心臓にタッチして歩いてもらうと、ひざに痛みはなく歩けるということでした。

この方の情報を波動調整で修正しますとズレが戻りました。

かなり長い間の疲労やこわばりが筋肉にある様子でしたので当院独自の解し整体で緊張を開放したしました。

施術後に歩いた感想は、

「すごく軽い!」

ということでした。

軸が定着するまでは定期施術が必要でしょう。