今日の施術室
いとうカイロ療術院 - ★★★痛み・こり・シビレ消痛療法★★★
RSS フォローする ファンになる

最新記事

外踝の痛み
巻き爪の痛みから生還
ひじ・腕の痛み
仙腸関節・大腿部違和感
お尻から脛に痛みがある

カテゴリー

Newバイブレーション
O脚調整
PU療法
ST療法
WB療法
WRIST GRIPコード
Y・FREEDOMコード(療法)
Y-PFCコード(療法)
アキレス腱痛
アレルギー
アンチ・エイジング
ウエスト引き締め
うつ症状
お知らせ
ギックリ腰
グルメ
シビレ
スーパースティック療法
スポーツでの故障
スポーツ後のケア
トラウマ・PTSD
トリガーポイント
バイブレーションCHAR
バイブレーションコード
ひざの痛み
ひざ関節痛
ひじ痛
ふくらはぎの痛み
プログラム調整
ペットヒーリング
むくみ
むちうち
めまい ふらつき
メンタルヘルス
ゆらぎ改善療法
上半身の症状
下半身の症状
不安感
不定愁訴
不眠
中心軸合わせ
乗り物酔い
五十肩
便秘
全身疲労
全身骨格調整
内臓下垂調整
口の中のトラブル
口腔関連
咽喉の痛み
喜びの声
嚥下障害
回復力
坐骨・脊柱のパワー不足
坐骨の耐用プログラム
坐骨神経痛
大腿部痛
太長寿
姿勢
怠い
息苦しさ、胸の不快感
成長痛
手関節の痛み
押圧療法
指関節痛
整体
整体メンテナンス
整体職人≪匠の技≫
日常
日頃のケア
椎間板ヘルニア
歯肉炎・歯痛
波動エネルギー
波動グッズ
波動整体カウンセリング
波動整体療法
波動調整
浮き・沈み
産前産後の腰痛
異常感覚
痛み改善・原因除去整体
目の疲れ
知覚過敏
硬膜・筋膜・骨膜・腹膜調
社会不安障害
筋肉が攣る
絶対重心療法
美容系波動グッズ
耳の聞こえが悪い
肋骨、脇の痛み
肌のトラブル
股関節痛
肩こり
肩の痛み
肩甲骨周囲の症状
肩関節痛
胃痛
背中の痛み
脇腹痛
脈管系トラブル
脊柱管狭窄症
脚が上がらない
脚のツッパリ
脚の痛み
脛の痛み
脳・神経エネルギー系
腕が上がらない
腕の痛み
腰痛
腱鞘炎
腹痛
膨満感
臀部痛
自律神経バランス療法
自律神経系
臭い(嗅覚)
講習会
足の甲の痛み
足の痛み
足底痛
足首の捻挫の痛み
踝の痛み
軸調整
遠隔療法
重力バランス
重心の浮き沈み現象
関節のこわばり
関節リウマチの痛み
関節痛
霊媒体質
頭が重い
頭痛
額関節痛
顔面・小顔・顎関節調整
顔面調整
食欲不振
首こり
首の痛み
骨折後の痛み
骨盤調整

アーカイブ

1月 2019
12月 2018
11月 2018
10月 2018
9月 2018
8月 2018
7月 2018
6月 2018
5月 2018
4月 2018
3月 2018
2月 2018
1月 2018
12月 2017
11月 2017
10月 2017
9月 2017
8月 2017
7月 2017
6月 2017
5月 2017
4月 2017
3月 2017
2月 2017
1月 2017
12月 2016
11月 2016
10月 2016
9月 2016
8月 2016
7月 2016
6月 2016
5月 2016
4月 2016
3月 2016
2月 2016
1月 2016
12月 2015
11月 2015
10月 2015
9月 2015
8月 2015
7月 2015
6月 2015
5月 2015
4月 2015
3月 2015
2月 2015
1月 2015
12月 2014
11月 2014
10月 2014
9月 2014
8月 2014
7月 2014
6月 2014
5月 2014
4月 2014
3月 2014
2月 2014
1月 2014
12月 2013
11月 2013
10月 2013
9月 2013
8月 2013
7月 2013
6月 2013
5月 2013
4月 2013
3月 2013
2月 2013
1月 2013
12月 2012
11月 2012
10月 2012
9月 2012
8月 2012
7月 2012
6月 2012
5月 2012
4月 2012
3月 2012
2月 2012
1月 2012
12月 2011
11月 2011
10月 2011
9月 2011
8月 2011
7月 2011
6月 2011
5月 2011
4月 2011
3月 2011
2月 2011

検索エンジンの供給元:

今日の施術室

6月 2015

首のつまり

首が詰まった感じがするという方。

むち打ちなどの受傷経験はないそうです。

普段は頭痛もなく、ただ首がこる、首の付け根がこるというようです。

ただこの方の場合、情報が出てきません。

いわゆるマッサージ感覚での来院のようです。



ということで通常整体のみ施療いたしました。

施術後は、

「軽くなった!!楽になりました!!」

とお喜びの様子でした。

肩、腰、足先のシビレ

右肩痛、腰痛、脚先のシビレという方。

慢性的な症状ですが肩はこの2,3日がひどいそうです。

順番に症状の原因をこの方の情報を読みながら検査していきますと、

まず右肩と腰は同一原因で心臓系脈管機能のトラブルからきていました。

足先のシビレは脳血管系脈管機能のトラブルからきているようです。

右肩と、腰の痛みは心臓部にタッチすると楽になり、脚先のシビレは左脳にタッチすることで消えました。

任意の調整を行うとそれぞれの症状が消えました。

眠りが浅いうえ、夢見が多いということで整体をさせていただきますと施術中に寝息が立つほどリラックス状態になられました。

「今日来れてよかった!」

とのことでした。

腰痛で歩くのがつらい

腰の痛みで歩くのがつらく、休み休みでないと歩けないという方。

バランス軸を修正したのち、脊柱起立筋郡のこわばりが強かったので

トリガーポイント施療も加えました。

施術後は歩くときに楽で、腰の痛みを感じることなく、軽さを実感していただけました。

ご年配の方ですが、今まで鍼などを続けていたそうですが、施術後にこうした楽は時間がなかったそうです。

しばらく継続するともっと良い時間が続くと思います。

前屈の腰痛

1時間半の車の運転をした後に腰痛が現れた方。

前屈での痛みがありました。

この方の情報を基に施療をいたしました。

もともと右背部から腰の筋肉がこわばっているようで

以前にも腰痛がありました。

施術後は楽に前屈ができるようになられました。


大腿部の痛み


右大腿部の痛みという方。

ゴルフの練習をして以来痛みが出たということですが、

主に長く腰掛けていて、立ち上がるときに太ももの前と後ろはひざ裏あたりに感じるということでした。

この方の情報を読み取りますと、脳関連の脈管機能トラブルで、バランス軸立位のズレでした。

1回目の整体調整でひざ裏の痛みが解消し、

2回目の調整後は太もも前側の痛みが解消した様子です。

大腿部前面のトリガーポイントもありましたのでこれらの施療をいたしました。

施術後は

「脚が大変軽い!」

ということでした。

長年のひざ関節痛

長年のひざ関節痛といわれる方。

置き薬屋さんから毎月グルコサミンやその他のサプリメントを4万円も購入しているといいます。

「もう何年もグルコサミンを飲んでいるのにひざの痛みがよくならない」と置き薬屋さんにいったら、

「その年(90歳)まで畑仕事ができるのも、サプリメントのおかげ」といわれ信じてきたそうです。

さらに病院で電気をかけてもらい、マッサージをしてもらうが痛みは変わらないそうです。

おそらくこの方だけではなく、何かしら痛みがある方はこういうパターンが多いです。

まず、この年まで畑仕事ができるのはサプリのおかげとの置き薬屋の言い草はあきれます。

90まで元気で畑仕事ができるのは、この方の体が丈夫だということと、家族の支えがあるということです。

90年も使っていれば、どこか不具合が出て当たり前。

何年も飲んで変わらなければ、この先も変わることはないと思いますが、どこかで置き薬屋さんの言葉を信じていつかよくなることと思っておられるのです。

サプリメントに期待はできないことをお話しました。


この方の情報を読み取りますと心臓系脈管機能のトラブル。

バランス軸は立位のズレがありました。

調整後は楽に歩くことができますが、定期的施療が必要と思われます。

サプリメントをやめて、こちらにお世話になりますとのこと、

賢明だと思います。

1度の調整でひざが改善

2週間前に、腰痛とひざ関節痛でお越しの方。

初回の施術以来、ひざの痛みはほぼ消えた感じだそうです。

普段の生活の中では全く支障なく動けるようになられたそうです。

この方もバランス軸の調整を行い、ひざへのアプローチはしていません。

原因は関節になくこれを関節に対して施術しても改善はしないと判断します。


腰の方はきつい作業をしていないので痛みは今のところ出ていないということでした。

今回は全身的なバランスを整える調整を入れました。

慢性腰痛・下肢のツッパリ

慢性的な腰痛、下肢の痛みという方。

10年前に椎間板ヘルニアで手術もされているとのことでした。

普段も腰痛を感じて生活されているとのことでした。

この方の情報をキャッチしますと

心臓系の脈管トラブルで特に左側の反応がありました。

最近は手も調子が悪いとのことでしたが

心臓にタッチしていただくと手の症状は消失いたしました。

調整後は体全体の動きが軽くなられ、足腰の曲りが軽くできるとのことでした。

長年の症状ですので調整を入れながら自己調整をしていただくことにいたしました。

腰とひざの痛み

腰痛と左ひざの痛みでお越しの方。

数日前に屈んで仕事をして以来、痛みが出たそうです。

この方の症状をよくするための情報をキャッチしますと、

腰と左ひざの関連は同じ原因だと分かりました。

右後方に体を傾けるとひざの痛みは消失しました。

調整後は左ひざの痛みは完全に改善されました。

腰は動きやすい前屈すると仙骨左にまだ痛みがあります。

再度調整を行いますと、前屈での痛みは消失。

「今から出かけるが助かりました!」

とのことでした。


カイロで治らなかったひざ痛

ひざ痛、肩、腰、臀部痛でお越しの方。

当院にお越しになる前は他でカイロプラクティックをしばらくの間受けていたそうです。

しかし通い続けても、ひざの痛みは変わらず、そのうち枕やサプリ、マットレスなどの購入を勧められ

「ん???」

と違和感があったそうです。

「少しも良くならないのに、そのうえなにかを買わされたんじゃかなわない」

といっておられました。

この方の情報を読み取りますと、

バランス軸立位のズレ、心臓系の脈管機能のトラブルが関係していました。

心臓にタッチして歩いてもらうと、ひざに痛みはなく歩けるということでした。

この方の情報を波動調整で修正しますとズレが戻りました。

かなり長い間の疲労やこわばりが筋肉にある様子でしたので当院独自の解し整体で緊張を開放したしました。

施術後に歩いた感想は、

「すごく軽い!」

ということでした。

軸が定着するまでは定期施術が必要でしょう。

嚥下機能のトラブル

物が呑み込みにくいという方。

薬を飲むとき水が入っていかずに吹き出したり、錠剤が残ったりしてしまうそうです。

施術前にお水を口に含み飲み込んでいただくと、ゴクっと飲み込みにくいとのことでした。

この方の情報をキャッチしますと、

嚥下機能のトラブルでした。

調整骨への波動調整をして、また水を飲みこんでいただきました。

今度は、すっとスムーズに喉を通るということでした。


分離症の腰痛は脳の脈管トラブル

腰椎分離症と診断されたという方。

腰痛と首の痛みがありました。

この方の情報をキャッチいたしますと、脳血管系の脈管機能のトラブルとわかりました。

左頭部にタッチして動いて頂きますと、腰痛や首痛は消えてしまいます。

この方の脳へ調整する情報の波動調整を行いますと、首と腰の痛みは消失しました。

ちなみにプロ野球選手のほとんどが分離症があるといわれています。

また高校球児の80%以上に分離症がみられるという論文があります。

分離症は画像の見た目だけの問題で腰痛は別問題で起きていました。

大腿前面の痛みは心臓系

太ももの前面に痛み、だるさがあるという方。

特に歩きが続くといたくなるのだといいます。

今までに病院では「腰からきている」とレントゲンを撮り、痛みどめ、注射をし、

鍼治療でも「腰からきている」と腰に鍼をうち、

あれがいいからとあれをして、これがいいといえばこれをして…

しかし何をしても全く痛みは変わらないそうです。

家族の勧めで当院に来られました。

この方の症状を見極め検査してみますと、

原因に「心臓」がでてきます。

心臓に片手でタッチしていただき、歩いてもらいますと、

「腿に痛みはない」と痛みなく歩けました。

原因にタッチすることで症状が消える現象がおこります。

キャッチした情報通りに、今度は体をある方向へ傾けていただくと、脚が楽になるといいます。

この方は心臓系の脈管機能のトラブルで、「腰のせい」なんかではありませんでした。

バランス軸を修正し、モモの筋肉の緊張を開放しますと歩いても平気で歩けるようになられました。

自己調整をしっかりしていただき、数回続けることで状態の良い時間が増えることだと思います。

下肢のだるさ・歩行の不安


2週間前に下肢のだるさ、痛みということでお越しの方。

調整後から下肢の症状が激減したそうです。

長く歩くことが不安だということでしたが、当院まで今朝も歩いてこられました。

お聞きしますと、一度も立ち止まることなく歩けたそうです。

バランス軸の自己調整もお教えしてありましたが、数日続けたが、あとは忘れたということでしたが

今日改めて検査してみましたが許容範囲内に収まっていて自己調整の必要はないようでした。

来月は旅行に行かれるということで、全身調整をしていかれました。

右肩の痛み

右肩と関節の痛みの方。

今までにもリハビリでの治療や、スポーツ施設での運動、プールなども続けてきたそうですが、肝心の肩関節の痛みがよくならないということでした。

この方の情報をキャッチしますと、

バランス軸のズレ、心臓系の脈管機能のトラブルが出ていました。

身体を左後方10度に傾けると、右肩が楽に動かせます。

情報をもとに調整をいたしますと、まっすぐに立った状態でも肩に痛みは感じなくなられたそうです。

さらに要所の調整をしますと、今まで力が入りにくかった筋肉も動きが出てきました。

痛みが現れてから何年も経過しているため可動域が狭くなっておられるので、運動をつづけながら様子を見ていただくことになりました。