今日の施術室
いとうカイロ療術院 - ★★★痛み・こり・シビレ消痛療法★★★
RSS フォローする ファンになる

最新記事

沈み状態
見放された大腿部痛が完治
仙腸関節のつまり感
ひざ裏のツッパリ
両肩関節痛で挙上困難!

カテゴリー

Newバイブレーション
O脚調整
PU療法
ST療法
WB療法
WRIST GRIPコード
Y・FREEDOMコード(療法)
Y-PFCコード(療法)
アキレス腱痛
アレルギー
アンチ・エイジング
ウエスト引き締め
うつ症状
お知らせ
ギックリ腰
グルメ
シビレ
スーパースティック療法
スポーツでの故障
スポーツ後のケア
トラウマ・PTSD
トリガーポイント
バイブレーションCHAR
バイブレーションコード
ひざの痛み
ひざ関節痛
ひじ痛
ふくらはぎの痛み
プログラム調整
ペットヒーリング
むくみ
むちうち
めまい ふらつき
メンタルヘルス
ゆらぎ改善療法
上半身の症状
下半身の症状
不安感
不定愁訴
不眠
中心軸合わせ
乗り物酔い
五十肩
便秘
全身疲労
全身骨格調整
内臓下垂調整
口の中のトラブル
口腔関連
咽喉の痛み
喜びの声
嚥下障害
回復力
坐骨・脊柱のパワー不足
坐骨の耐用プログラム
坐骨神経痛
大腿部痛
太長寿
姿勢
息苦しさ、胸の不快感
成長痛
手関節の痛み
押圧療法
指関節痛
整体
整体メンテナンス
整体職人≪匠の技≫
日常
日頃のケア
椎間板ヘルニア
歯肉炎・歯痛
波動エネルギー
波動グッズ
波動整体カウンセリング
波動整体療法
波動調整
浮き・沈み
産前産後の腰痛
異常感覚
痛み改善・原因除去整体
目の疲れ
知覚過敏
硬膜・筋膜・骨膜・腹膜調
社会不安障害
筋肉が攣る
絶対重心療法
美容系波動グッズ
耳の聞こえが悪い
肋骨、脇の痛み
肌のトラブル
股関節痛
肩こり
肩の痛み
肩甲骨周囲の症状
肩関節痛
胃痛
背中の痛み
脇腹痛
脈管系トラブル
脊柱管狭窄症
脚が上がらない
脚のツッパリ
脚の痛み
脛の痛み
脳・神経エネルギー系
腕が上がらない
腕の痛み
腰痛
腱鞘炎
腹痛
膨満感
臀部痛
自律神経バランス療法
自律神経系
臭い(嗅覚)
講習会
足の甲の痛み
足の痛み
足底痛
足首の捻挫の痛み
踝の痛み
軸調整
遠隔療法
重力バランス
重心の浮き沈み現象
関節のこわばり
関節リウマチの痛み
関節痛
霊媒体質
頭が重い
頭痛
額関節痛
顔面・小顔・顎関節調整
顔面調整
食欲不振
首こり
首の痛み
骨折後の痛み
骨盤調整

アーカイブ

1月 2019
12月 2018
11月 2018
10月 2018
9月 2018
8月 2018
7月 2018
6月 2018
5月 2018
4月 2018
3月 2018
2月 2018
1月 2018
12月 2017
11月 2017
10月 2017
9月 2017
8月 2017
7月 2017
6月 2017
5月 2017
4月 2017
3月 2017
2月 2017
1月 2017
12月 2016
11月 2016
10月 2016
9月 2016
8月 2016
7月 2016
6月 2016
5月 2016
4月 2016
3月 2016
2月 2016
1月 2016
12月 2015
11月 2015
10月 2015
9月 2015
8月 2015
7月 2015
6月 2015
5月 2015
4月 2015
3月 2015
2月 2015
1月 2015
12月 2014
11月 2014
10月 2014
9月 2014
8月 2014
7月 2014
6月 2014
5月 2014
4月 2014
3月 2014
2月 2014
1月 2014
12月 2013
11月 2013
10月 2013
9月 2013
8月 2013
7月 2013
6月 2013
5月 2013
4月 2013
3月 2013
2月 2013
1月 2013
12月 2012
11月 2012
10月 2012
9月 2012
8月 2012
7月 2012
6月 2012
5月 2012
4月 2012
3月 2012
2月 2012
1月 2012
12月 2011
11月 2011
10月 2011
9月 2011
8月 2011
7月 2011
6月 2011
5月 2011
4月 2011
3月 2011
2月 2011

検索エンジンの供給元:

今日の施術室

10月 2016

臀部の痛み

右臀部が朝起き上がるときに痛む、椅子から立ち上がるときに痛むということで来院された。

症状は8月頃から続いていて、当初電気治療を受け「骨盤がゆがんでいる」といわれたが症状の改善はなかったという。

どういうときに痛みが出るのかと聞くと、

とにかく朝の動きはじめ、起き上がりに痛く、自転車は平気、午後は1万歩ほど毎日ウォーキングするという。

5000歩ほど歩く頃は臀部の痛みが減り、夜まで楽になるという。

動いていた方が楽という。

部位的には小殿筋であるが、この方の情報を読み取ると心臓系脈管機能のトラブルから右小殿筋に現れている様子。

心臓部のある一点を指一本で触れながら、椅子から立つ動作をするとそれまで痛くて立てなかったのが全く痛むことなく立ち上がれた。

これにはご本人も驚かれ、心臓のことを話すと既に心筋梗塞をしたことがあり、とのこと。

その後調整を行うと、椅子からの立ち上がりや歩行のときの張りは全く痛みなくできるということだった。

「いくら揉んでも電気をかけても良くならないことがわかった」

骨盤の歪みでも何でもない。

原因を理解され自己調整も覚えられたので様子を見ることになった。

ゴルフスイングが劇的に改善

ゴルフが趣味の女性。

左ひざに不安があり、そのため思うようにスイングができないという。

ひざをやや屈曲しテークバックする際ひざに体重をのせていられず早く始動するため左腰が早く開き軌道が崩れることがわかった。

腰に約16秒の調整をすると、思うようにスイングができるようになり

「え~!!うそぉ!!うそみた~い!」

とビックリされた。

ベッド上での静的な施術では見つけにくいが、

どういう動作をすると辛いかということでみると、動的な手法で早く変わる。

ついでに腕を万歳すると左上腕が痛むというので、

同様に約16秒の調整をするとこれもまた

「うそぉ~!!!ふしぎぃ~!!!痛く無い!」

と???がお。

筋肉を押すとか、揉むとか一切しないで劇的に変わる16秒調整、

なかなか好評です。

腰を据えることも大切です

何年かに一度、慢性腰痛がさらにギックリ腰状になり来る方がおられるが、

「あしたから〇〇することがある」とか「〇〇の行事があるから」

という目先の理由で、男性に多いのだが、

根本的に良くしようとか、腰を据えて治すというものを感じられない。

こういう場合、その方から出てくる(脳からの)情報は乏しく、情報をもとにする方法はどちらかといえば腰を据えてやる必要があることが多い。

症状は脳からのサインであり、無視し続けた結果が今にあるわけで、

とりあえず動けるようになれれば、ということなのだろうが、

そういう方は年々治りが遅くなり、そのために整体や鍼灸を転々と歩くようになる。

ご自身の体だからその方の思うようにすればよいことだが、

そんなことをしているうちに、動けないくらいの痛みに見舞われ、入院→手術→痛みが取れない・・・

という生活が待っているような気がしてならない。







重心の沈みレベル2

宅配の仕事を引退するために、次の人に引き継ぎをした際、いわゆる馬が合わない人間関係でとにかく我慢の引継ぎ数日間だったいい、

ストレスで疲労が取れない、お祭りに出かけるも楽しくない、なんだかやる気も起きない、という症状でお見えになった。

この方の状態を見ていくと、重心が「沈み」のレベル2にあった。

重心を正常に戻し、全身をチェックしながら調整していくと

「頭から重さがスーッと消えていった!」

「足がとても軽く感じる!」

「気持ちが楽になりました。来てよかった」

と笑顔が戻りありがたい感想を頂いた。


太長寿の威力

ほうきで掃き掃除をしていて、ギックリ腰の一歩手前という方。

すでに腰掛ける動作や立ち上がる動作は、びりっと腰に痛みが走るという。

背中から腰に掛けて圧痛点が多数個所有。

その部分に「太長寿」を30秒ずつ痛点に打つ。

施術後は、座位、立位ともに痛みなく動かせるようになる。

この治療器がアスリート立が好むのもうなずける。


首の痛み

右首の痛みがかなり前から続いている。
この頃首を動かすのがつらくズキズキとした痛みが出る。
整形外科では首の骨に異常なしといわれシップのみ、良くならないということで来院。

脳反射でチェックしますと、

首の問題ばかりではなく、心臓血管系からの影響もサインが出ています。

それをよくする修正角度を読み取り、その角度へ軸合わせをしますと首の動きはスムーズになり痛みもあまり感じないといいます。

修正後は首を回しやすくなり、来院したときまで感じていたズキズキした痛みは和らいだとのこと。

仕上げに「太長寿トリガーポイント療法」をして終了。

慢性痛なので集中施術コースでしばらく続けてみるということになりました。

2度目の来院では、もうズキズキする痛みは消え、いつもの部位にコリがある感じとのこと。

首の動きも改善していました。

ただ軸のズレは出ているので、改めて修正。

直後はとても楽に動かせる様子でした。

「軸合わせ」はご自身でも意識して調整する必要があり、「良くするんだ」という気持ちも高め切り替えることが重要です。

腰痛の学生さん

数週間前、腰痛で来院した学生さん。

剣道の体当たりのときに腰痛がでる。とのこと。

整形外科、マッサージ、整体、鍼・灸に通うも良くならなかったといいます。

この方の原因をみるために脳反射で読み取ると、

心臓系脈管機能のトラブルで腰にサインとして痛みが出ると分かりました。

軸の修正をしましたが、その場でサインは消えたものの、

肝心の腰痛は剣道の体当たりしか再現できないため様子を見ていました。

先日、手首を痛めて再来院したので腰の様子を聞きますと、

「あれから全然腰痛は出ない。もうばっちりです」ということ。で安心。

手首は靭帯損傷といわれたようですが、手首は触れず、脳反射で読んだ調整部位を修正するとほぼ動きが戻りました。

仕上げに特殊低周波「太長寿」をうつと、竹刀を握る動作もできるようになったので様子を見ることにしました。